FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

スープカレー

 容赦なく葉月。ここのところ仕事量が増え続けていて、ぎりぎり。私より2時間か3時間あとに退社してるらしき隣席のKさんと比べると、私のほうが2倍か3倍こなしてる気がする。しかし私のほうが帰るのは早い。どういうこっちゃ。今日も出張報告(A4たった1枚)を書くのに午前中ぜんぶ費やしてまだ終わってない。仕事の段取りが悪すぎる。

 月末納品だったはずのブツを、また今度も月初に持ち越し。Kさん担当分がまだできてないからである。私は自分の担当分を仕分けして封筒に詰めて積み上げて、次の仕事にかかる。

 図書館へ行きたいんで、と今日も定時であがる。瀬尾まいこの『天国はまだ遠く』も、小川洋子の『博士の愛した数式』も届いてた。ひゅー。あとだいぶ前から待っていた『排除される若者たち』と、これも読んでみたらとすすめられた『こんな親では就職できない』という就職コンサルタントによる本を借りる。それとドウス昌代の『イサム・ノグチ』の上巻を借りる。

 帰って、洗濯して干す。札幌で仕入れてきたスープカレー(レトルト)を今晩食べようということになっていたので、あと同居人の里から送られてきたキュウリ・トマトなどでサラダをつくる。もう一度洗濯して干す。来期の組織変更の発表があって遅くなったと、ようやく同居人が帰宅。

 札幌のスープカレーは土産物だからか、大層な箱に入っていた。具(鶏の足と人参とじゃがいも)とスープが別のパウチになっていた。それをあっためて、さらさらと皿に出す。

 札幌のなんとかホテルがこういうレトルトをつくろうというくらい、札幌ではスープカレーが定着しているのか、もしくは売り出し中なのだろう。

 今日も暑かった。なので、屋内では冷え気味。宮部みゆきの『龍は眠る』を眺めながら、しばらく半身浴。たらっと汗が出る。
 同居人は皿洗いをして介護に行き、私は一風呂浴びて寝る。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第70回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ