FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

虹色ほたる 永遠の夏休み


虹色ほたる 永遠の夏休み
川口雅幸
\1,575
アルファポリス
2007年

手話サークルの人から借りた本。
話の運びは、もひとつ…と思ったし(かなり無理を感じる部分がある)、登場人物の造形もステレオタイプが勝ってる気がしたが、ところどころ、とくにタイトルにもなっている蛍が飛ぶシーンなどは、文字からイメージがふくらむようで、わるくなかった。

この本、アルファポリスの「ドリームブッククラブ」という、読者支援により書籍出版化を目指すサイト発らしい。
著者のサイトを探して見てみたら、なにかの推薦図書になったとかで、9刷だそうだ。

9刷なら、修正されているだろうとは思うが、私が借りた1刷にはよくある誤字が。

184ページの3行目、

▽若干小六のオレが

ここは、意味からして「弱冠」だろう。ひじょうによくある誤字だが、ごていねいにルビが振ってあるから、編集段階で誰も気づかずにスルーされたのだろう。

もう一つ、ケータイ持たずの私には詳しく分からないが、携帯電話の留守録というのは、電話本体に録音されているものなのか?

というのも、物語の冒頭で、主人公ユウタが交通事故死した父の形見として持っている、古い型の携帯電話がでてきて、

▽実はこのケータイには、お父さんの声がたくさん録音されているのだ。
 何れもオレが借りた時に、お父さんがオレ宛てに伝言したもの。
 そう、これは世界に一つだけしかない、お父さんのメッセージ入り携帯電話。
 形見であり、オレの大切な宝物だ。(p.14)

という語りが入る。

昔のケータイのことも今のケータイのことも詳しくは知らないが、留守電というのは、どこかのセンターに録音されて、それを聞きにいくのではないのか? 電話本体に録音されるのか?

固定電話の留守録なら、私もわかる。今はデジタル式の録音になっている機種がほとんどだろうが、昔は、小さなカセットテープが入っていた。

祖母が死んだときも、母が死んだときも、いろいろな声が残ったその録音テープを、私は処分できず、そのテープがセットされていた電話機本体がつぶれてなくなった今も、引き出しに入ったままだ。

もう二度と聞けないだろうけれど、捨てられない。

ただ、ケータイの留守録がそんなものなのかは、私にはわからない。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/335-f5a98e27
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ