FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

線描や粗いタッチで

 日曜美術館(印象派対決)を見てから、朝ご飯食べて、洗濯して干して、ギュスターヴ・モロー展見物に昼頃出発。
 
 電車に乗っていくのはやめて、空港バスで三宮へ。昼ご飯は前にもいちど行ったベトナムカフェで生春巻きとフォー付きのランチプレートを頼む。食べていると汗がでてくる。冷えて寒いくらいの冷房よりは、いいか。

 三宮から美術館までのバスは本数がえらく少ないので、阪神に乗って、駅から歩く。今日も暑い。兵庫県立美術館へ来るのは初めて。「むだにデカい」と思うくらいデカい建物。込んでいたとしてもゴッホ展のようなことはないヤロと思っていたモロー展は、ほどほどの人出で、いいかんじ。これ以上込むとイヤになる。でも私が思っていたよりは客は多かった。モローは子連れで見るのはなかなか難しいのではないかと(サロメの斬首シーンとか、折り重なる殉教者とか)思ったが、子連れの人もいた。

 モローをこんなにまとめて見たことがなかったので、これまでテレビで見たり図録で見たレベルで「細かい細かい絵を描く人」という印象をもっていた。たしかに細かい細かい絵もあったのだが、習作や下書きやそんなのはナイフで絵の具を塗ったか?と思うような粗いタッチのものもたくさんあった。現物を見て初めて気づいたことだが、ある時期以降のモローの絵には輪郭線をとったような線がたくさん描かれている。「こんな描き方なのか、近くに寄って実物見ないとわからんなあ」と思う。

 それとルオーがモローの愛弟子だということを知って、似た雰囲気あるかもなあと思った。

 眠さのあまり常設展はスキップして、喫茶店でコーヒーを飲み、たらたらと駅まで戻る。三宮へ戻って空港バス、という案もでたが、もう少し引き返して高速神戸で阪急の特急に乗り換えて帰ってきた(こういうルートで移動すると精算機が認識できないらしく、出るときに駅員さんに精算してもらった)。

 晩ご飯はお好み焼き。同居人は夜介護。私は読書。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ