FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

オムライス

 天気はいいが風が強くけっこう寒い。同居人は冬休み取得。私も休みたかった。引き続き『グロテスク』を読みながら出勤。この本重い。

 午前中は別室に連れていかれて、事実確認のヒアリング。12月にバカ課長がメール送ってきた後のこと、それ以前のことなど。(ああこれは、私にとっての“事実”ということなんやな)と後で思う。
 対策チームがつくられたのはいいが、外部の専門家として臨床心理士が入っているのがやはり解せない。この問題の何を指摘してくれるのだろうかと思う。そもそも理解可能なのか?とも思う。
 心理学の世界認識は要約すると「問題のある個人=環境に適応できない個人」ということなのだろうと、そう思ってしまうから、なおさら。そういう風に世界を認識する方法があり、その認識が通用する人がいることは理解できるが、今回のことは、環境の問題だと思うから。そういう環境を“常識”とする人たちが力をもったポジションにいるということだと思うから。
 
 この“常識”を、それはひじょうに限られた範囲でのみ通用するものだと、会議などで私は何度も言ったつもりだが、自分たちの“常識”が通用しない場面があり、通用しない相手もいるのだということさえ分からない人が多い。それが“常識”というものなのかもしれないが。

 昼頃までかかったヒアリングで疲労困憊。くたくたになる。

 帰りにS駅で同居人と落ち合い、久しぶりに駅近くのイタ飯屋へ行く。ここのイタリアンオムライスを食べるとほっとする。おいしい。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ