FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

台風23号の、あと(I)

 今日も天気良し。いつもより朝ゆっくり寝てから起きる。朝ご飯をたべて、洗濯して干して、ちょっと伊丹方面へ歩こかーと散歩に出る。もう11月もしまいやのに、外へ出るとふくふくとあたたかい。歩いていると暑いくらいだ。途中で上着をぬいで、てくてくと歩く。

 空港の北側をぬけて、猪名川が見えてきたとき、台風23号の水の威力が相当なものだったことを知る。橋から見えるテニスコートは土砂や流木やその他のもので押し流されたらしく、使用禁止になっていた。かろうじてコートを区切ったラインがのこっていたが、その脇にはゴミのようなものが積み上げられた山がいくつかあった。川沿いに伊丹へ向かって歩いていくと、(こんなところまで水がきていたのか)という高さまで、その痕跡がある。流れてきたモノが木に引っ掛かっていたり、明らかに一方向にむかって草がなぎたおされていたりする。
 猪名川のこの土手をこえていたら、どこか一カ所でも堤防が切れていたら、すぐ脇の店も工場も民家も水につかっていただろう。実際に、豊岡などで起こったのはそういうことなのだろう。水の高さを考えると、ふだんの川幅の数倍から十倍くらいのものすごい濁流だったことだろう。それですっかり川底がさらわれてしまったのか、川の水がひじょうに澄んでいた。
 川沿いに住む人たちや、工場や店をもつ人たちは気が気でなかったことだろう…と思わせるだけの「台風23号の、あと」だった。スゴかった。

 伊丹へたどりついて、まず昼ご飯。焼き鳥の店で鳥丼を食べる。なかなかうまい。それから、また同居人の「弁当箱がはいるカバン」探し。これでもうちょっとマチがあればな~という物件多し。予算を大幅にこえる物件も多し。いくつかの店をみてまわっってようやく、ほぼ理想のカタチ・予算のカバンを発見。「今日はリュックを背負わずに行く、背水の陣で」などと言っていた同居人の意気込みがよかったか。隣でみていて、私もほしくなったので色違いのカバンを購入。それで気がすんだので、あと本屋などを多少ひやかして、バスで帰る。すっげー天気よくてバスの窓ごしに陽をあびると暑い。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ