FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

台風23号の、あと(II)

 晩ご飯はシェフ同居人による豚汁、ハタハタを焼いて、ご飯。買ってきたキムチ盛り合わせ付き。ご飯のあとに、こないだ買った西洋梨を食べてみる。ウマい。

 100冊送ってオッケーと返事がきたので、九州の友あてに100冊詰めの箱を送る。徒歩1分のコンビニまで宅配便を頼みに持ち込んだら、腰をいわしそうなくらい重かった。100冊の本は20kg近い重量だったらしい。配達の人はこれを4階までもっていってくれるのか…と感心する。

 夜の喫茶は凍頂烏龍茶。お茶のみながら、上野千鶴子の『国境 お構いなし』を読んでしまう。「アメリカの日本研究」という文章が印象に残る。

▽…日本に対する関心が高まり、留学生がやってくるようになると、外国産の研究を日本語を介して勉強するのは、コストがかかるだけでなく、意味がないことがはっきりする。日本産の学問研究を発信しなければ、留学生だけでなく、外国に送るメッセージが持てない。どんな理論や学説も、それを生み出した歴史的・社会的文脈を離れては存在しない。海外体験にさらされるにつれ、わたしはしだいに、日本をフィールドにした研究の重要性を認識するようになった。そして日本をフィールドにした研究は、どんなものであれ、広義の日本研究と見なしてかまわない、と考えるようになった。
 …
 そう考えれば[アメリカ人は、自分の研究のことを、アメリカ研究とは呼ばない]、普遍性を僭称するパーソンズの一般理論も、シカゴ学派の都市社会学も、そのアメリカ出自があきらかとなる。どんな「一般理論」も、それが生まれた背景にたちかえって「歴史化」してみれば、ある時代と社会の産物であることはあきらかだろう。パーソンズの家族システムの理論は「近代家族」という歴史的な家族形態を、普遍と思いこんだアメリカ人の生んだ学説だということがはっきりするし、そのうえ、その学説を「普遍理論」と称した態度そのものに、抜きがたい進化主義的発展段階論と西欧中心主義があることもわかってくる。
 だからといって、どんな学説も「特殊」な文脈の産物で、したがって汎用性がない、と言いたいのではない。ある研究の固有性があきらかになれば、そのうえではじめて、他のさまざまに固有な文脈における経験との比較・分析が可能になる。…(185-187ページ)

 核心的な手法としての、比較。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第68回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ