FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

モカハラリ(II)

 朝見そこねた「日曜美術館」の再放送をみる。今日のテーマは「描かれた風」。いろいろな人が風をどう描いてきたか、どう感じとってきたかを追うなかで、“ウィンド・ドローイング”というものがあった。バケツのようなのに葉っぱや草やなんやかやを入れてあったのを、ハァッッと投げ上げる。それが空に舞って、描かれるもの---ということらしい。アクション・ペインティングの一種か。かなり笑える。

 返却期限の迫った辻惟雄編『「かざり」の日本文化』(角川書店)をざーーーーーっと読む。おもしろかったやつ。
 辻惟雄「「かざり」は生きている--日本の装飾文化」
 郡司正勝「風流と見立て」
 山路興造「揃いの美学」
 辻惟雄「かざりと風呂と茶--林間の茶の湯」

 「かざり」と「風呂」と「茶」、とは!

 内田春菊の『基礎体温日記』をよむ。4人目のできた2001年の日記。ノンブル(ページ番号)のない本だった。

▽9月14日 金曜日
 …私、もしかしたら母親という仕事に向いてないのかもしんない。終わってから先生と少し話したら、息子は文化祭の出店で、テディベア屋をやりたい、ひとりでもやるとがんばっているのだそうだ。そういえば先生に「それはたいへんだからやめたら」と言われた日、悔しさに泣きながら帰ってきた。「1個ひとりで作らせた無理だとわかってあきらめると思うんですが」と先生。確かにいままで作ったベアは私が手伝っていたから、ひとりで作れる気になっているのはまずいのかもしれない。でも何だか腑に落ちない。ユーヤに話したら「あきらめさせるためにやるのか?」そうよ、そこがなんか違う気がすんのよ。息子を呼んで話す。「ぜったいひとりでもやる」と言う。そこまで言うならちょっと待て、と彼がひとりでもやれる形を考えてみる。手足も耳もくっついているかんたんな型紙を選んで写し取らせる。はぎれや古い服を切り、顔も刺繍でなく、フェルトを張って作らせる。首のリボンwも私が捨てずに取っておいた安リボン。シンプルだけど子どもが作った味がでてて、私はいいと思う。月曜にはこれを持って行って再々度先生を説得する息子なのだった。

▽12月31日 月曜日
 最後の平日だしな~と思って銀行へ行ったらとっくに休みだった。新しく口座を作ったこの銀行はこういうノリ。ATM振り込みも出来ない。でもいいや、慣れよう。便利ならいいってもんじゃない。便利って誰かが働きすぎてるってことかもしんないし。…
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ