FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

謎のプロジェクト(II)

 研修のあと、プロジェクト報告というのがあった。これが謎だらけ。指定管理者制度の導入をにらんで、プロパー職員だけが数人集まって「生涯学習センターのあり方」とか何とかを考えたらしいが、そんなプロジェクトが発足していることも、誰がメンバーとして選ばれているかということも、今日の今日聞かされるまで、同じ職場の嘱託職員や契約職員はまったく知らなかった。おまけに、何のためにここで報告しているのかも全く謎。内容もぬるくて甘くて、アホカーと思う。「これまでどおり外郭団体の組織が管理運営を(指定管理者として)受けられるように」と考えているらしいが、その前に「なぜ直営ではないのか」という議論が要るんとちゃうんかい。だいたい、有期雇用職員よりもプロパーのほうがシゴトがぬるいとかちゃんとやってないと言われているのに、そのプロパーだけでエエこと考えられると思っているところが笑わせる。

 終わったあと、OさんとKさんとiちゃんと、研修についての反省会をする。ここが分かりづらかった、ここはこういう説明のほうがいいのでは、ペーパーは後から配ったほうがいいと思う…などと出し合って、ついでにプロジェクトの謎についてもしゃべる。ホンマに謎や。

 いったん職場へ戻り、片づけをしてから帰宅。iちゃんとパソコンソフトをのぞきにいく。長いことソフトも買ってないなーと思う。

 晩ご飯はキムチ鍋。同居人がまずいという態度を示すのがムカつく。好みの味にしたいんやったら、もっと早く帰ってきて自分でつくれっちゅーねん。ムカつくぅー
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ