FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

中国茶と焼肉

 妹1号のたんじょうび。だが、今晩は妹2号&そのオットと一緒にご飯を食べる予定。
 ちょっとゆっくり寝て、朝のうちはハガキを書いたり、調べものをして過ごす。昼ご飯は、妹2号からお中元にもらったパスタセットから「トマトスパゲティ(トマトを練り混んである赤い麺)」を茹でて、同梱のミートソースをかけて食べた。トマト麺は茹でているだけでナポリタンのようだった。

 6時に難波で待ち合わせなので、寄り道もするつもりで3時前に出かける。電車で、昨日ギャラリーで買った『旨味。障がい児と暮らす"コク"のある生活』の冊子を読む。梅田で中国茶の店をのぞく。同居人が以前飲んだことのある「龍井(ロンジン)茶」をまた飲んでみたいと言っているのだ。いろんな種類のお茶があって、試飲もさせてもらい、みてまわっているとあれこれ飲んでみたくなる。3種類買って、向かいの喫茶コーナーに入る。
 店の人が「一煎目をお入れします」とこまかく説明してくれる。ほおー茶器はこういうふうに使うのか…。お茶の種類によって、すこし冷ましたお湯を使うのと、熱めのお湯を使うのとがある。香りもちがう。四煎目くらいまでいけますとポットをもらい、それからお茶をのみのみ1時間ほどそこの喫茶ですごす。いや~中国茶も奥が深そう。ハマるなあ、こりゃ。
 お茶を飲んで、もう1袋お茶を買って(オマケももらい)難波へむかう。

 妹2号とそのオットと落ち合って、今日もギャラリーへ行く。絵にはすべてタイトルがつき、スポットライトに照らされて、雰囲気がぐっとかわっていた。日本画というと美人画や花鳥風月を思い浮かべがちだが、子どもを描いたり、ペットを描いたり、果物を描いたり、こういう絵もあるのだなあと思う。(ゼロが1こ少なければなぁー)と思う。もちろん掛ける壁も必要だが。

 ギャラリーをみたあと、4人で焼肉をたべにいく。内装が焼肉屋らしくないところだった。肉にチシャや味噌がウマい。とはいうものの4人とももう30代、食べ放題もいらない。オイシイ肉をほどよく食べて、クッパや冷麺を食べる。さらに場所をかえてオヤツとお茶。妹のオットの仕事のようすを聞いたら「暑くて、昼間はお客さんが来ません」と言っていた。そらそうやろうなー。

 帰って、介護調整会議についていく。山口で買ってきた図録をCさんに見せる約束をしていた。図録をみながら、介護者を鉄砲打って集めなあかんなーという話につきあって、1時頃帰宅。ねむい。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ