FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ウトウト

 朝からウトウトしては起き、ごろごろして本読んでたらまた寝て、寝たり起きたりしていたら、いつの間にか日が暮れていた。やっと洗濯物を干す。今日のお陽さんをソンした。ひどく眠い。ビミョウにお腹も痛いしセイリ前か?
 朝からやっていた駅伝で、アナウンサーがふしぎな言葉を使っている。「経験値をいかして頑張ってもらいたいですねー」。横から同居人がツッコミを入れる。「経験値って言うなー、経験をいかすって言えー、経験値ってゲーム用語やぞー、何を言うてるんや」。たしかに…なんやねん「経験値をいかす」って(笑)

 朝は餅焼いて食べて、昼はもらいもののラーメンセットを発掘して食べる。日比野克彦の『8万文字の絵』を読んでしまう。こないだの『100の指令』のほうが私にはオモシロかった。が、もうちょっと何か読んでみたい。

▽…活字で印刷されるのが常識である新聞を書き文字にする。ただそれだけのことだけど、そこに生じるズレやギャップは、新聞などに大きな変化はありえないと思っていただけに、価値観のズレを生み、既成概念を刺激する。社会の中で新しい情報を得る魅力と等しく、新しいズレ、価値観も魅力であり、メディアの役割でもあると思うのである。
 「なんだこれ」
 「こんな新聞があるの」
 そう見る人がいたら、その人にとって、新しい価値観に気づく契機となる。常識や価値観の揺らぎというのは、見慣れないものが突拍子もないかたちで現われることではなく、身近なものが少しだけ形を変えて現われた時に生じるものである。(81-82ページ)

 同居人が山田昌弘の『希望格差社会』を買って、「先に読みますか?」と言う。今晩の夜介護にはもっていかないというので、先に読むことにする。暗そうな本や… サブタイトルが「「負け組」の絶望感が日本を引き裂く」。

 日が暮れて、本を詰めた宅急便をやっと出しにいく。こんどは文庫を50冊ほど旧友がもらってくれるというのである。ありがたやありがたや。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ