FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

眼福(I)

 土曜出勤だったので指定休。朝はまだ雨が残り洗濯日和とはいえず。疲れているのか同居人が出勤したあと布団にもぐって本を読んでいたら寝てしまった。そしてキツい夢を見てしまった。人が死んだことを知らされるという夢だった。

 昼前に起きた頃には雨もあがっていたので、本を探しにちょっと前の職場へ出かける。探していた本は見当たらず、仕方ないのでその他の本を物色し紙袋一杯もってかえる。
 晩ご飯は冷凍庫で眠っていたシチューにキノコと水煮トマトを投入してトマト?シチュー。それとホウレンソウのサラダ。なかなかウマかった。
 
 返却期限のきた川添裕の『江戸の見世物』(岩波新書)を読んでしまう。見世物とご利益のことを書いたところがおもしろい。

▽…見世物の動物はみな霊獣、聖獣、神獣なのであって、そのご利益は諸般におよぶ。さきのヒクイドリのように、動物の体にふれ、その一部を手にすることも効能の一パターンだが、より一般的なのは、とにかく「見る」ということがご利益になるという、文字通り眼福の例である。なかでも、悪病払い、疾病除けはその眼福の中心で、もっとも強調されるのが、小児の疱瘡、麻疹への効能であることは明らかだろう。
 したがって当の子どもが見世物小屋へ足を運べば、自然と恩恵にあずかれたわけで、動物見世物の場合、他の見世物よりも、幼い子どもづれの観客の比率が高かったことが予測される。こうした小児の疱瘡を軽くする、疱瘡払いをするという点でいえば、「鍾馗さま」をはじめとする近世の民俗信仰の水脈が想起される…。(98-99ページ)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ