FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

読書のナツ

 デルフィニア戦記も借りた巻まで全部読んでしまい、ブックマークの編集しよかあと思いつつ、これも借りモノの波津彬子の漫画『月の出をまって』(小学館)を読む。それからこれも借りモノの矢沢あい『天使なんかじゃない』(集英社)というマンガを読む。

 矢沢あいというマンガ家のことは、去年2つの女子大へ授業へ行ってるときに初めて知った。授業のおわりに書いてもらっていたコメント用紙に何でも「おすすめ」を書いてもらっていたら、女子大生たちおすすめのマンガ家としてひじょうに多くあがったのが矢沢あいで、作品としてこの『天使なんかじゃない』があげられていた。そんなにたくさんの女子大生が好んで読むらしいマンガを一度は読んでみようと思っていたら、同僚のiちゃんが持っているというので借りたのである。

 とりあえず「完全版」というやつの1巻を借りて、そのオビには「恋をしたら なさけなくて みっともないこと いっぱいあるよ。」と書いてある、そのまんまというか、ちょっと読んでいてハズカシイ。私の感じではこういうのにハマるのは中高生ではないかと思うのだが、女子大生も好んで読むんやなア・・・。どのあたりがどうエエのか、去年の学生に聞いてみたい気がする。

 今日もまた閉館間際の図書館へ本を返して借りる。赤瀬川原平と山下裕二の『京都、オトナの修学旅行』(淡交社)と『雪舟応援団』(中央公論新社)と、波津彬子の漫画を2冊借りて、買い物して帰る。とりあえず波津彬子の漫画2冊を読んでしまって、オトナの修学旅行を半分ほど読んだところ。

 晩ご飯はビールを飲みのみ、鯖のきずし→焼きぎょうざ→キュウリスティック&味噌→ゴーヤチャンプルー。阪神-中日戦はエラーと投手の崩れで阪神ボコボコになり、途中でチャンネルをかえて「中学生日記スペシャル」と、社交ダンスのニッポンインターナショナル(←よくわからん名称)大会とかいうのを見た。
 社交ダンスはどこをどう採点するのか、どこがどうイイのか全くわからず、不思議な衣装と怪しい動きに(こういうのもあるのか)と思う。どういうのがよくて、どういうところがマイナスなのかは分かりかねたが、ひじょうにハードなスポーツであることは分かった。決勝まで残るカップルというのは予選から25曲も踊りつづけているのだ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ