FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

土・日・月

 土曜出勤。朝起きて、あーもう休みたいと思うも、受付当番があって気軽には休めず。17時半に職場のロビーで同居人と落ち合う。N子と待ち合わせて一緒に晩ご飯を食べにゆく。久々の地中海料理屋。職場の飲み会は疲れるばかりだが、ゆっくりオイシイものを食べて、のんびりワインなど飲むのは愉しい。橋本治の『人はなぜ「美しい」がわかるのか』を読み終える。

 日曜は休み。昼頃までえんえん寝る。天気良し。妹1号の引っ越し日で、手伝う体力はないが冷やかしに妹宅へ向かう。図書館で借りた本の返却期限がきているので、図書館経由。中島梓の本、付箋を貼っていたところを書き抜く。

▽…ただここでは、活字メディア、という一点に論点をしぼり、消費者であり受け手である「読者」が活字文化の状況を、送り手によって操られるというかたちで、反対に送り手と状況を繰りかえしているのだ、と指摘するにとどめる。このことを度外視して、すべての状況が作家、出版社、宣伝やマスコミの対応によってのみつくり出されている、という素振りをするのは、フェアなことではない。われわれは自ら書店へゆき、一冊の本をえらび、それを金を払って購入するのであって、その動機が「友達がみな読んでいるから」であるか、「有名なタレントが書いたから」であるか、「内容に心をひかれたから」であるかは、実のところどうでもよいことである。われわれは、力ずくで書店にひきずってゆかれて一冊の本をおしつけられるわけではないのだ。(中島梓『ベストセラーの構造』ちくま文庫、82-83ページ)

 同居人と妹1号とともにイタ飯屋で晩ご飯を食べて帰宅。図書館で借りた三好春樹の『元気がでる介護術』(岩波アクティブ新書)をすぐ読み終える。

 月曜出勤。暦どおり。しかし29日の休みのあとは30、1、2、3と連続。体力にかなり不安があり、定時で逃げるように帰宅。晩ご飯は、前菜に空豆焼き、メインはチヂミを焼いてビール。豚とニラとネギが少々余ったのでキムチと炒め、のんびりビールを飲む。図書館で借りた群ようこの『生きる読書』(角川oneテーマ21)を読んでしまう。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ