FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

お持ち帰り

(12/12)
 すーげー忙しくて、同居人より帰宅が遅くなり、駅から電話、そのままK飯店で晩ご飯。よれよれ。同居人の東京出張(のためのチョー早起き)にあわせ、一風呂浴びて寝る。冷え込みが厳しい。

(12/13)
 同居人は日帰りで東京出張。空港まで徒歩10分というわが家であるが、新幹線のチケットを配給されての出張、しかも渋谷に10時とかで、6:00の新幹線に乗るため、4:00起き。外がまだ暗い!つきあって一度起きて、小腹を満たし、送り出してからまた寝た。

 やっと週末と思うものの、週明けの授業の支度もまーったくできておらず、週明けに出さなければならない書類もメモ程度しかできておらず、お持ち帰り。
 朝から「職場でなければできない仕事」を中心に順番に片づける。ときどき休息を入れつつも、日が暮れてよれよれになっていく。職場を出たのが9:00である。お持ち帰りの紙袋が重い。

 帰りのモノレールで、佐野眞一の『私の体験的ノンフィクション術』(集英社新書、2001年)を読み終える。この本のあちこちで、佐野は自分の作品をあれこれと引用していて、その引用されたものはほぼ読んでいたこともあり、半ばは「読みなおした」ような気分になる本だった。佐野眞一は、宮本常一のようになりたいのだなあと思う。「歩く調査術、みる記録法」の章ではじまり、「現代の民俗学をめざして」の章で終わるこの本の構成からしても、その佐野の気持ちがにじみでている。
 次は久々に『旅する巨人』を読もうかなあ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第68回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ