FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

年寄り(II)

 母ちゃんのイトコ(父方)というKさんから電話があったのだが、誰だか分からない。つきあいもなかった人らしい。父ちゃんが知らないというだけあって、さすがに私も名前におぼえがないから、つきあいらしいつきあいはしていなかったのだろう。父ちゃんはくどくどと同じことを繰り返して、母ちゃんの弟、私からすると叔父にあたるTさんに電話でもすることがあれば、言っておいてくれとこれも繰り返す。

 父ちゃんの姉である広島の伯母さんの具合についても、「おまえ、おじちゃん[伯母の夫]にちょっと電話して、様子聞いて、見舞いにいくんやったら、日を決めて、お父さんも一緒に行くかもしれんから」と言う。

 父ちゃんが電話嫌いなのは分かっているが、それなら葉書の1枚でも書くかというと、それも最近はどうも面倒なようだ。年寄りになったなあとこういうところで思う。ばあちゃんの姿を思い出す。父ちゃんもだんだんいい歳になってきた。帰りに妹のクルマで送ってもらう道すがら、「いよいよ年寄りくさくなったなあ」と言っていると、「前から思ってたけど」と妹は言う。父ちゃんの歳は「まだまだ若い」と言われることもあるが、見ていると、やはり年寄りになったなあと思うのであった。

 父ちゃんのところでいつもよりかなり早い晩ご飯を食べたせいか、帰ってからまた空腹感におそわれ、お茶漬けを食べる。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ