FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

「トンボ釣りの好きな少年」の話(II)

▽うちの子供なんかも労働がすきで、病気だから休んでいろといっても無理にトンボをとりにでかける。目的をたてて、自然法則を応用するのが面白いのだね。むつかしいことほどおもしろいらしい。これによって彼は人間になってゆく、とおもってみているのだが、そのトンボつりのすきな子供を労働ぎらいにする妙法は一つある。トンボをつってこいということだ。経済学的に整理すると、生産物が他人のものになる、これとむすびついて、目的の定立と労働過程の統制が他人のものになる。この条件がそろうと労働がきらいになる。消費だけが自分の生活になってくる。労働のよろこびの喪失を、分業や機械のところで考えるまえにここのところで考えなければならない。[No.90] (「著作目録」の33ページ;『内田義彦著作集 第一〇巻』岩波書店、1989年)

 このNo.90というのは 1958年10月1日の「日本人」というタイトルの座談会で、 民話の会編集の『民話』に掲載されたものらしい。

 帰りは、父ちゃんちへスーツケースを返しにいき(ドミニカ出張のときに借りたやつだから、2年近く借りたままだった)、そのあと図書館本館へ寄り、買い物して、帰宅。晩は豚キムチと胡瓜・わかめ・人参のサラダにビールとご飯という、まだ夏の食卓。
 今日から長袖を着てみたが、昼は少々暑かった。しかし朝晩はすっかり肌寒い。夜のおやつは二十世紀梨。ああジューシィ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ