FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

太っ腹

 帰ってきたら、シェフが「着衣のマヤ」のように寝そべっていた。少しばかり収入があったので、今晩は焼き肉を奢ってくれるというのだ。近所の焼肉店Gで、生レバとカクテキとナムルに上タン、カルビ、バラ、そしてビビンバでしめ。お供はビール少々。満足。シェフに奢ってもらうことなど久しくなかったせいか(外食希望と言われても、財布係は私である)、心おきなく食えるものだなアと実感。

 太っ腹シェフは、その後買い物して、それから本屋に寄ったら、なんか買ってくれると言うのである。とりあえずナンシー関の遺稿になった顔面至上主義が載っている「噂の真相 2002年7月号」を買ってもらうことにする。平積み台やら文庫棚をぷらぷらしていると、「もういいの」とまでシェフが言うのだ。「まだなんか買ってくれんの、まだなんか買ってくれんの」と鼻息あらく、新刊文庫を見渡して、酒井順子の出たばかりの『煩悩カフェ』(幻冬舎文庫)をとる。「もういいの、もうレジするで」とシェフに言われ、あーこれこれと実は昨年末から文庫棚でときどきさわっていた宮部みゆきの『平成お徒歩日記』(新潮文庫、奥付では2002年1月1日発行)を買ってもらう。

 さすがに頭がカユくなってきたので、がしがし洗って、少しだけ『煩悩カフェ』で本読み風呂。エイゴの予習をしようと思って、コピーを持って帰ってきたのだが、やはり明日だ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ