FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

マリネ・焼き肉・連休前半(II)

 日が暮れ始めた頃、モノレールで7駅向こうの焼き肉屋へ遠征。今にも降りそうな空で、折り畳み傘を2本背負っていったら、向こうの駅ではすでに一雨降ったあとだった。「肉との対話」をテーマにした5名の集い。目的地の焼き肉屋は人気店のようで、半時間ほど待つ。空腹は最高の調味料だ、うまかった。とくにホルモンのおいしさにはうなった。うちの近所にもおいしい店はあるが、ホルモンのおいしさではここに負ける。キムチもうまかった。久々に「とらじの唄」(中埜酒店が製造しているマッコリの商品名)を飲んだ。広島でよく通った韓国料理屋にも常備されていて(そこでは「初恋の味」とメニューに書かれていた)、すきでよく飲んだやつ。昨日の焼き肉屋のメニューには「焼き肉専用酒」と書かれていた。合うとは思うけど、専用酒かなー
 帰りには、同居人がモノレールの駅の自販機であんパンを買って食べ(ひとつめ)、うちの最寄り駅まで帰ってきたところでコンビニに寄ってまたあんパンを買って食べ(ふたつめ)、「甘いものは別腹」とぬかすので、「別腹大きすぎじゃ」と思う。

 ***

 朝から曇り空。昨日よりは天気わるし。朝ご飯のあと、『身体感覚を取り戻す』 を読んでしまい、眠気におそわれてしばらく昼寝。明日が締め切りの原稿が1本あるのだが、チラチラとこないだ買った『たのしい不便』(南方新社、2000年)をめくる。福岡賢正という新聞記者が、時計の針をちょっとばかり戻して、自給自足風のことをやってみたり、自転車通勤をしてみたり、生活実験をしたことの記録。先日、在九州の元同級生が読んだと聞き、おもしろそうなので買ってみたやつである。
 天気がいまいちなせいか、散歩行ことさわいでいた同居人も「ごろごろ」と言うなり昼寝にはいってしまった。しかし、連休に入って2日続けて歩いたキモチよさと、隣駅の古本屋へ行きたい欲が勝って、キムチ炒飯を昼ご飯に食べたあと散歩に出る。一人で歩くのも久しぶりである。同居人のリュックを背負って、さくさく歩く。昨日より風が涼しい。
 ときどき同居人と散歩に出たときにも本屋や古本屋へ行くが、私より本買い欲が小さいのであろう、とくに古本屋では「まだー」と言われてしまうので、未練が残ることが多かった。今日は一人だ。ふだんは見ないような棚までじっくりと眺めてまわる。欲しかった絶版本があったのをゲットしたほか、文庫本など数冊を買った。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ