FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

マリネ・焼き肉・連休前半(III)

 帰ってから、『たのしい不便』の続きを読み、前半の「一年間の実体験ルポ」のところを読んでしまう。自転車通勤か~、それもいいかな、でも坂道多いしな、などと思う。クルマはやはり今のが本格的にあかんようになるまで乗って、あとはそのときの状況にもよるが、クルマ無し生活になってもいいなと考える。

 筆者の福岡賢正さんは、アイガモ農法をやってみたろと思い、教えを請いに人に会いにゆく。そこからつるつると人とのつながりが伸びてゆくことをうれしそうに書いている。
▽畑での野菜づくりの時も感じたことだが、金銭や欲得がからまないこういうふれあいこそ、実は人に満足感をもたらす最大の要素なのではないか。世の中が便利になり、相互扶助が金銭を介するサービスに取って代わられるにつれ、そうした付き合いは急速になくなっていった。そのためにポッカリと空いた心の隙間を埋めようと、さして必要でもないモノや刺激を求めるというのが、現代の消費の一つの側面なのかもしれない。
 「環境にやさしいとか、安全な食べ物ができるとか言うけど、そんなんで有機農業をやってるわけじゃないんです。単純に楽しいからやるんですよ。意義がどうこうじゃなくて、本来農業は楽しいんです。今、ガーデニングがブームになっていますが、ガーデニングの次にくるのはきっとファーミングですよ」
 自信たっぷりに古野さん[筆者のアイガモ農法の師匠]はそう言った。
 社会が消費化するというのは、こんなふうに楽しいから働いている人が減り、金銭を得るために働き、そのお金で安楽や快楽を買う人が増えることでもある。(62-63ページ)

 福岡さんはきっと「環境にやさしいとか安全な食べ物とか」の理屈のほうから入っていったくちなのだが、畑を耕し田んぼをつくりながら楽しさのほうを感じていっている。あーーキモチよさそうだあ

 晩ご飯にもまたマリネを堪能して、阪神戦を見届けて(勝った)、「私の青空2002」を見て、「紙切れ一枚(婚姻届)ってもんなのかねえ」と思う。子どもをもつかもたないか、もあるのだろうが。
 本読み風呂で清水ちなみ『OL委員会 おしりの秘密』(文春文庫、1999年)を途中まで読む。笑ってはいかんが、笑ってしまう。それにしても痔主のみなみな様の苦労がしのばれる。たいへんだ。
 そして原稿に意識は向かいつつ、ひとつも手をつけずに連休前半が終わる。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ