FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

シゴトとショウバイ(I)

 未明からどぶどぶと雨降り。なぜか妊娠四カ月状態の自分を夢にみて、目が覚める。
 酒井順子十連発めの『自意識過剰!』(新潮文庫、1997年)を読み終える。ネットの古本屋でまたもや酒井順子ほか十数冊を注文する私。この本の山をどうするのだ!

 午後のヒコーキの時間をにらみつつ、中山千夏の『カネを乗りこえる マンバのカネ批判』(大月書店、2002年)を読み終える。ハテどうかいなともやもやは残るが、なかなかおもしろかった。暇人(ひまびと)ヤ・マンバを登場させた創作のなかで、カネのこと、シゴトとショウバイのことなどを考えてゆく。売性(バイセイ=売春の意で用いる、中山千夏が提唱する呼称)についての「売性は行為者に不幸をもたらす惨憺たる性交」という記述のあたりは、むむむーどうかしらと思ってしまう。それは、中山千夏がいうように、私もまたカネ至上主義だとか「どんな行為でカネを得るのも自由」だとかの考え方にどっぷりとつかっているから、かしら。
 シゴトとショウバイについて書かれたところは、はぁナルホドと思う。

▽もうひとつ整理しておきたいのは、仕事と商売の関係です。シゴトはひとやもののハタラキを指し、力学の説明などにも使われる言葉です。
 ・・・日曜大工で本箱を作るのも、町内会のクリーン運動に参加して空き缶拾いをするのも、まぎれもないハタラキすなわちシゴトです。けれどそれらは「うちのシゴト」「町のシゴト」などと限定つきで言われることが多い。私たちにとってシゴトとは、主としてカネ(賃金、代金)を得るシゴトを意味しているわけです。
 今はそれに従って、カネを得るシゴトを仕事と呼んでおきましょう。してみると仕事には、ひとのハタラキとしてのシゴトの側面と、カネを得る側面とがあるわけです。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ