FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

散歩花見(III)

 会場へ入ったときに配られた用紙が「ふたりへの質問」用になっていて、第一部がすんだ後にそれを回収し、第二部で俊太郎+賢作がそれらの質問に答えるという構成になっていた。妹は書かなかったが、私はもちろんはりきって質問を書いた。だいたいこんな質問。
  (谷川俊太郎さんへ)
  ・おならうたを、ほんもののおなら付きでやったことはないんですか。
  (谷川賢作さんへ)
  ・Divaはまたやるんですか。
  (お二人へ)
  ・今日のは練習したんですか。
  ・“親子で”と言われるのがイヤなときはないですか。

 第二部が始まってみると、回収された用紙は200人分くらいはありそうだった。全てに答えるのは無理だからと、いくつかの質問が紹介され、それに二人が答えていく時間がしばらく続く。あといくつか、というところで、ランダムに選んだものに答えることにしようと賢作が持った用紙を俊太郎が引くことになった。そうして引かれた1枚目の質問が私の出したものだった!1つめの質問に俊太郎が答える。
 「これ[ほんもののおならでおならうたをやること]はー、やっぱり無理でしょう」という答えだった。ただ、こないだチューバと一緒に録音したヤツが、あれが本物[のおなら]と間違うくらいリアルだと思うので、12月に出る予定ですからぜひこれを聞いてもらいたいですねーと付け加えられた。楽しみだ。

 あの「おならうた」のことを訊いた質問は私が書いたやつやってんでと後で妹に言うと、「えー、だれか子どもがした質問やと思ってた」と笑われた。でも、答えてもらえたのはうれしかったし、12月に出るというチューバとの共演はぜひ買わなければと思っている。

***

 明日から4月。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ