FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ボディイメージ?(II)

 鏡に映った「自分」が分からない時期のコドモ、というのを思い浮かべてみる。こういうコドモには「ボディイメージ」はない?
 奇しくも全盲の石川准のことばが巻末に引かれている。ボディイメージというのは心象とか心理像だというけれど、石井も「どう見ているか」と書くように視覚に重きが置かれた話のようだ。例えば、石川准のボディイメージ?見られっぱなし?相互の関係性?

 ***
 今朝は雨の降りそうな空だったが、昼から晴れてきた。気温は高めで、すこし薄着で出勤した。今日も眠い。1週間過ぎるのがひどく速く感じられた今週。来週末はもう3月ではないか(びっくり)。
 昼休みに弁当をたべながら、佐野眞一の『人を覗にいく』を読む。もう半分をすぎて、終盤に近づいている。
 帰りに、父ちゃんから頼まれていた本を2冊、届けに寄って、広島のおばちゃんから送られてきた八朔をたくさん分けてもらって帰宅。
 
 月刊アクロス編集室『大いなる迷走』(PARCO出版、1989年)は、「団塊世代の物理的かつ心理的な漂流と迷走の内実を跡づけ」ようとしたものだという。団塊世代、全共闘世代、ニューファミリー世代、ベビーブーマー等々、この”大量”の集団の呼び名はいろいろとある。既存の団塊世代論に与しないとわざわざことわったこの本で私がおもしろかったのは、冒頭から「国勢調査」のデータを用いて、まさに団塊世代の「物理的な」動きを示したところだった。団塊世代は地方から東京への集中の後、千葉・埼玉に流出した。1950年、1970年、1985年というそれぞれの年に、各都道府県人口に対して団塊世代がどれだけの比率を占めていたかのグラフは、団塊世代の人口を「送り出した」地方と「受け入れた」地方とを明瞭に示す。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ