FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ワークシェアリング・ゾウアザラシ(II)

 テレビをつけているとそのまま「地球・ふしぎ大百科」が始まる。今日は、南米パタゴニアのゾウアザラシの話。アザラシの類では世界でいちばんでかいやつだそうで、雄の大きいのになると体重3トンもあるらしい。闘って闘って勝った”最強の”雄が、雌をしたがえて「ハーレム」を形成する。独占する雌の数は100頭以上だという。「負け雄はどこにいるんかねえ。雄はみんな闘うんかねえ。どっかに1頭くらい、浜辺でデロ~ンと寝てるのはおらんのかねえ。」見ていると、なんだかものすごい競争社会なのである。それも”強い遺伝子を残す”ため。ハーレムを乗っ取ろうとする雄と撃退しようとする雄との闘いは血みどろである。もう一つびっくりしたのは、ハーレムで生まれたゾウアザラシの子どもたちが集団で海へ出て生きてゆく練習をしているところへ、シャチがやってきて、1頭いただいて食ってしまう場面。シャチは浜辺まであがってきて、子どもを1頭かっさらっていった。あんなところまで来るのか!驚いた。

 とにかく昨晩寝た気がしないので、一風呂あびて早めに寝よう、、、、と、かるーく本読み風呂で1冊。藤原和博の[よのなか]の歩き方シリーズ3冊目、『味方をふやす技術』(ちくま文庫、2002年)を、さくっと読む。「エネルギーを奪う人」から今すぐ逃げよ!が、なかなか面白かった。いるいる、こんな人。
 あとはまぶたが落ちるまで、布団でマーガレット・ミードの本の続きを読もう。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ