FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

心のママを乗り越える

 1月1日はばーちゃんちへ行く、というのが小さい頃からの慣わしである(もうばーちゃんは死んだので、正確にいえば「叔父さんち」であるが)。今日は朝から妹2号の夫がクルマを出してお迎えにまわってくれて、ゲストのMさん(母ちゃんの高校時代の同級生)と父ちゃんも乗せ、昼に叔父さんちへ到着。食べて、ごろごろして、テレビなど眺めて、食べて、おしゃべり、てな具合。父ちゃんがひたすら食べていたのが印象的だった。「ペースが乱れるのがいやだ」とかで、夕刻には「運動も兼ねて駅まで歩いて、電車で帰る」と、ひとりでとっとと帰ってしまった。きっと「決められた晩ご飯の時間」を守るのだろう。けど、いちばん非日常的な食い方してたのは、父ちゃん、あんたや(笑)。叔父さんもそのオクさんも、Mさんも、そんな「自分のペースで生活をする」父ちゃんをホメるし、父ちゃんの「工夫する料理たち」についてマメだとやはりホメるのだが、私からみると「融通のきかんおっさんやなあ」になる。フシギである。
 去年の正月にも父ちゃんはみんなで談笑しつつ飲み食いしているところで、この「帰る、帰る」行動をとって、妹も私もちょっとあきれたが、ここまで頑固に「自分のペース」でいくのなら、ほっとくしかないのだろう。

 父ちゃんが帰ってしまったあと、さらに飲み食いして、帰りも送ってもらう。岡田斗司夫の『30独身女、どうよ!?』(現代書林、2001年)を本読み風呂の友として、そのまま読み終える。かなりおもしろい。難点は、本のなかみすべてが濃いピンクの字で印刷されていることで、これが目にキツかった。黒い字で印刷すると、ちょっとこの”ポップさ”は出ないかもしれないが、それでもやはり黒い字の本がいいなあ。
 オタキング・岡田とウサギ(30独身女の代表として構成された存在)との会話式で「いい男っていないの?問題」「結婚しなくちゃいけないの?問題」「恋愛できないんだけど問題」「私って30独身女?問題」という”4大問題”が検討されていく。帯はこうだ。「21世紀こころある女性はすべて30独身女になる!」
 心のママを乗り越えるという話がなかなかおもしろかった。それと、”30独身女”のハハの世代というのは(この本では団塊の世代あたりが該当するということになっているようだ)、やはり(?)娘にダブルバインドな望みを抱いているのかねえ、とも思った。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在93号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第72回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ