FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

女は大変?(I)

 今朝は空港の喫茶店でモーニングを食べてみる。ベーグルがウリの店で、「ベーグルはもともとユダヤのパン、茹でてから焼くんやでと言っていたところから、「パン」て何語かなー、エイゴじゃないよなー、コンペイトウなんかと一緒でオランダかポルトガルちゃうか・・・という疑問が発生。帰って調べてみると、ポルトガル語由来だった。
 同居人がお洗濯、その隣でオバタカズユキの『だから女は大変だ』(扶桑社文庫、1998年)を読みつつ、うとうと。こんな誤植するかなあ--「右橋を叩いてもわたらない性格」って、それは「石橋」ヤロ。これも図書館で借りた本。女性が陥りやすい(と思われる)いくつもの「大変」さを、20~30代女性へのインタビューを用いて描いたもの。その「大変」とは、「個性的な私になりたい」とか「やりたいことがわからない」とか「会社は依然、男社会(オバタは「会社はいよいよ女性排除社会」としてもよかったかと書いている)」から、「いい男がいない」「結婚で自由をなくしたくない」「ちゃんと勉強し直したい」「だって親がかわいそう」まで、ありそうな話だ。オバタが「客観中立な記録者なんてのは柄にあわない」と、インタビューイーと話をしながらかなりしゃべっている。それがややウルサイけれど、わりと面白い本だった。最近読んだ本でいうと『30独身女、どうよ!?』が近いか。

 散歩に出ようと言っていたのだが、私がうとうとから醒めると、同居人がごろんと横になっていた。『だから女は大変だ』を読み終えた私は、しばらくネットサーフィンして「レトルトカレーについてのコメント」(こういうサイトがけっこうある)をあちこち読んでみたり、「かぶらずし」が通販で買えそうなサイトを探してみたりする。石川で帰阪前に同居人の母上に買ってもらったかぶらずしももうあと一つ。シーズン中にもう一度、と思うので、どこかで手に入れたい。結局昼ご飯の時間をのがしたまま、夕方になって猛烈におなかがすいて、ストックのレトルトカレー(今日は東京で買ってきた資生堂パーラーの辛口チキンカレー)を夕飯にする。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ