FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

自由の戦士と破壊の戦士(III)

 芝生のこの本は、メディアが流しているものを見聞きしただけで「知ったつもり」になるなと戒める。なにが伝えられており、何が伝えられていないかを、可能な限り記していく。そして、現在「戦争」の舞台になっているアフガニスタンの人びとが--かれらがなぜこのような目に遭わなければならないのかと問いかける。
▽いくつかの答えははっきりしている。そのなかの最大の答えは「大国のエゴ」である。(176ページ)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ