FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

三角形に中心はない(I)

 そういえば三角形に中心はないな、そうやなー、そうやったなー。と、思い当たる。幾何学的に考えた場合、である。長方形や円や楕円や正方形や・・・そういうものには中心がある。三角形には重心とか垂心とか傍心とか「五心」というのがあるが、中心はない。
 「りんご」「かんぱん」「りんご」「かんぱん」「pin」と口に出してみると、なるほど、「りんご」と言うときの「ん」と、「かんぱん」と言うときの「ん」は違うし、「りんご」の「ん」のように「pin」を読むとおもちゃのペンギンのようになる。
 「りんご」「かんぱん」と言いながら、三角形に中心はない、そうやった、と思いながら読んでしまった。永野重史『子どもの学力とは何か』はもう一度読みたくなる本だった。品切れのようで手許に置いておくのがむずかしい。でも手許に置いて、ときどき読みたい、と思う本。
 この本のことは、何かで読んだような気がする-誰かのホームページにあった本の話だったか、どうもよく思い出せないが、この本に興味を持ったのは、そのどこだかに引用されていたこういう話からだった。
▽私が理想とする学校は、昔の子どもたちが学校の外で身につけたようなことを、今さら本気になってやろうとするところではなくて、実生活では放っておけば考えないような、よけいなことを考えさせるところなのである。(46ページ)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ