FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

読みかけ

 とちゅうまで読みかけていた久田邦明の『教える思想』(現代書館)をまた読みすすむ。今日読んだところは「戦後教育論の諸相」という、小篇を50ほど集めたパートで、あとがきによると雑誌に連載していたものらしい。毎月これを1篇ずつ読むのはおもしろいかなと思ったけど、まとめて50篇も読むと、途中から文体のクセが気になりだした。それぞれの小篇は3~4ページの短いもので、ひとつひとつを別々に書いたのだから、そのひとつずつの「おさまり」というか「まとまり」みたいなのをつけてあるのだろうな、というのは分かるものの、「しかし、それにしても」と、ほとんどの小篇で合いの手が入ると、ちょっと転がしてけなす(?)のがコツなのかなという印象をうけた。で、この合いの手が気になって、このパートを読んだところでひと休み。
 ここでとりあげられている戦後教育論は、かなり幅広い。メジャーどこでいくと、トットちゃん(黒柳徹子)、気くばりのすすめ(鈴木健二)、ローラ(大草原の小さな家)、無着成恭、椎名誠・・・子安美知子も海老坂武も出口なおも入っている。伊藤比呂美、橋本治、中沢新一、パウロ・フレイレ、宮迫千鶴、田中美津なども出てくる。あと波多野完治やら大田尭など教育学者もとりあげられている。こういう人たちの書いたものや言ったことなどを俎上にあげて、人物の略歴や主義主張の要旨を解説、しばらくすると「しかし、それにしても」ときて、こういうとこにも目配りほしかったなーとかこういうとこが抜けてんのちゃうかというような、それぞれの人物(や主義主張)の弱点らしきところのチェックが入って締め。かける50。
 これが載っていた雑誌は、季刊→隔月刊→月刊となって、そこでの連載だったそうなので、50余篇というのは8年分! そら、いっぺんに読んだらくたびれるわな
 
 というところで、これも途中まで読んでいた上野千鶴子編の『構築主義とは何か』(勁草書房)を読んでみる。構築主義というのは、「構成主義的な知識観」に関係がある(たぶん)。「臨床のナラティブ」という章はおもしろかったが、「文学とジェンダー分析」で今日は挫折。ここまで読んだところで、ジェンダーという概念が、構築主義がどういうことなのか、を説明するときの格好のネタだ、というのは分かった。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ