FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

疑問点

 『発達とはなにか』を読んでいて2カ所、ハテと思い「?」を書き込む。  
 ハックルベリー・フィンやピーター・パンは「お母さん」「天国」「家庭」と重なるような「子どもイメージ」の例だろうか?私には逆のように思える。それとも、『ハックルベリー・フィンの冒険』や『ピーター・パン』に出てくる、「ふつうの子どもたち」のことが言いたかったのだろうか。ハテ?
 もう1カ所は「行動主義(behaviorism)」の「行動」についての説明のところ。(古い)心理学が「行動」をカウントしたり観察したりする対象とし、「思考」や「感情」を研究対象からはずしてきたのは、「行動」が目に見えるもので、「思考」や「感情」がそうではないから、だったと思うが、こんな記述があるのだ。
▽「行動」とは、考えていること、感じていることのように、個人の心の中にあって、他人からは観察できないことを指している。(204~205ページ)
 ここ1行抜けたんかなと謎でしかたない。「行動」とは・・・観察できないことを[指すのではなくて、観察できることを]指している、ではないだろうか。ハテ?
 
 永野は、原ひろ子の「ヘヤー・インディアン」の調査研究にも大きな刺激を受けているらしい。この本は、高校の頃か、大学に入ってすぐくらいの頃に図書館で借りて読んだ気がするが、この本で永野があれこれ引いているヘヤーインディアンの子どもたちの話はほとんど思い出せない。もう一度読んでみたい。ヘヤー・インディアンの社会では、「教える」「教えられる」概念がない(だから、それに相当する言葉「だれだれに教えてもらう」とか「だれだれから習う」もない)という。
 人がやっているのをよく見て、ためしてみて、「自分でおぼえる」というのがヘヤー・インディアンの世界では当たり前のことで、永野はこの話を、「教える」という行為を前提としない「学ぶ」行為もあるのだということの例として書いている。
 こういう「あ、そういうやり方(考え方)もあり得るんやな」と思える話がいくつも出てきて、そこがおもしろい。

 読み終わったら、空腹感。おなかへったな。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ