FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

見守りの時間

 朝から雨降りで、肌寒い。布団にまみれてごろごろしながら、山之内義一郎『森をつくった校長』(春秋社、2001年)を読む。本のタイトルはいまいちな気がするが(私がつくったんだ!私が、私が、という印象を受ける)、出版社か編集の意図なのかもしれない。学校に森をつくるというこれまで自分がやってきた実践を「ひそかに自負している」(←何度も何度も書いてある)とか「それが可能なのは、実は校内で最も経験が豊かで優れている校長である」(←自分で書くか)とかいう表現は、読んでいてかなり恥ずかしい気持ちになってしまう。・・・というような私にとっては少々「引いてしまう」ところはあるものの、教科の枠だとか学ぶべき知識の配列だとかをふっとばす力をもつ「森」の話は、なかなかおもしろい。「森」を中心にカリキュラムを組み、学んでいくなかでの子どもの様子は読んでいてそそられるものがあるし、教師もどんどん変わっていく、子どもと一緒にいろんなことに気づいていくという話は、「教師(与える・教える)→子ども(受けとる・教わる)」式の学校教育観をひっくりかえす力をもっていると思う。
 2年前に北海道大学で大きな大きなポプラ並木や大きく育った木々に囲まれたキャンパスを見た。ポプラ並木の脇には道産子もいたのだ。ああいう、ちょっとうろうろ散歩できる並木や大きな木がたくさんあるキャンパスはいいなと思った。木があそこまで大きく育つにはそれなりの時間がかかるから、待つとか見守るとか、そういう時間がかかることを織り込んだ場所でないと木も森も育たないのだろう。子どもを育てるというのも、そういう見守りの時間をかけるのだ、という気がする。
 『森をつくった校長』、ハマる人にはハマる本だろう。「総合的な学習」(来年度から導入されるという「生きる力」をつけると言ってるやつ)の”先駆的業績”として文部省も異例の注目をしたという実践だそうなので、これから全国のあちこちの学校に森ができたりして。それが、でっかい木を運んできてざくざく植えるというような実践でないように。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ