FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

介助者たちは、どう生きていくのか―障害者の地域自立生活と介助という営み(渡邉琢)

介助者たちは、どう生きていくのか―障害者の地域自立生活と介助という営み介助者たちは、どう生きていくのか
障害者の地域自立生活と介助という営み

(2011/03)
渡邉琢

商品詳細を見る

「介助が仕事として成立したのはごく最近のことだ」(p.15)という冒頭のところで、頭が混乱する。介護保険ができて、支援費制度ができて、それで、「運動」か「ボランティア」か「家族」か「施設」だったのが、「仕事」になったということのようだが、じゃあ2000年以前のは何なのかな~と思ったり。

労基法とか最低賃金とか、そんなんでいうと、胸を張って「仕事」という感じではなかったかもしれないけど、「仕事」あったよなーと思う。

ただ、その冒頭のところで「?」と思ったあとは、大きく引っかかることもなく読んだ。こないだ講演会「しょうがいの重い人の今後のケアホーム」を聞いたあとでは、「24時間の介護保障のためには単純計算で月に744時間必要」とか、国本さんが言うてはったのはこういうことかとよくわかった。介護報酬の流れも、知らなかったところが、そんな風になってるのかとわかった。「代理受領」という仕組みがあって、「ダイレクトペイメント」という話もあるんやろうなと思った。
介護保障における「労働」という課題(5章)は、ずっともやもやしてるところで、じっくり読んだ。「24時間の介護が必要」ということと、「1日8時間労働」とか「9時から5時まで」ということとは、うまくかみあわないところが絶対ある。

介護ではないけど、「どこまでが"仕事"か、線引きむずかしいなー」と私もよく思うので、そんなのもなぞらえて考えたりした。"仕事"と割り切るからできることもあるし、"仕事"と思ったらやってられへんこともある。でも、そう思うときの"仕事"って、どんなんか?? 私にとって、そう思うときの"仕事"って、何やろ??

「自立生活」と、当事者の責任・当事者管理というところ(6章)も、いろいろと気になるところで、こっちにナルホドと思っても、あっちでハアそれではアカンかと思ったり、ぐるぐるした。

▼通常の自立生活センターにおいては、介助の責任を当事者にもたせていく。それによって当事者管理を遂行できるからだ。介助者の側に責任をもたせることは、当事者の生活の束縛を招くと考える。自分の責任で介助者に指示を出し、行動する。介助者にイニシアチブをとらせない方法である。…施設の場合は、障害者はまったく責任のとれない存在とされ、常に問われるのは施設の管理責任となる。…それを脱するためには当事者が自らイニシアチブをとって、自分の生活と行動に責任をもっていかねばならない。…
 (中略)
 しかし知的障害者の介助に入るときは、それでは通用しない。当事者にすべての責任をもってもらい当事者の指示に従って介助をするというのでは、行動障害のある障害者は生きていけないだろう。駅のホームにある警報器を鳴らさないと気がすまない人の介助に入るとき、どうしたってその人の行動を制限することになる。糖尿病のおそれのある人の介助に入るとき、止めないと命にかかわることになる。そういうとき、当事者にすべて責任をとってもらうというわけにはいかない。けれど、当事者にだって何らかの責任はあるだろう。当事者の責任はどのくらいで、介助者の責任はどのくらいか。(pp.360-370)

障害者の責任と介護者の責任は、50対50ではなく、100対100だ、どちらもちゃんと責任をもって事にあたらないといけない、介護者は利用者[障害者]の主体性や責任、利用者の人としての存在を100%認めながら、同時に自分も責任もって判断しながら相手と関わり介護に入らないといけない、という。いわば「人間関係にもとづく介護」。

でも「関係にもとづく介護」がベストかというと、そうでもないだろう。下手をすると「限られた関係のなか」に閉じられてしまう(そんな風になったら、「施設」とどこが違うだろう)。それなら、時給制でもなんでも、入れる人が誰でもじゃんじゃん入ったらオッケーかというと、それもきついだろう。(こんなことを考えるときも、どんな人を思い浮かべるかによって、話はずいぶん変わる。あたりまえだが「障害者」も一括りにはできない。よく"障害者マーク"にされがちな「車椅子」のユーザーだって、ほんまにいろんな人がいる。)

こないだの講演会で、国本さんは「相互主体性」ということを言っていた。その人にとって何がベターかを、関わるみんなが寄ってたかって考えるというようなこと。

介護保険は「介護を社会全体で支え合う仕組み」という。人と人とのあいだにある介護/介助、そのことをなるべく寄ってたかって考えていけたらと思う。そう思うと、介護/介助が仕事になった、というのは「仕事をしてる人のこと/そのサービスを受ける人のこと」にかえって絞られていきそうな気もして、パラドックスのようにも思える。

この本を読んでたら、『カニは横に歩く』や、『良い支援?』『母よ!殺すな』『「健常」であることを見つめる』なども、また読みたいと思った。

(5/4了)

*p.56の3行目がタヌキ「腰がもたなくなっときのことを」→「腰がもたなくなっ【た】ときのことを」
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1796-6e5275a4
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ