FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

動く遺伝子―トウモロコシとノーベル賞 (エブリン・フォックス・ケラー)

04970026.jpg動く遺伝子
―トウモロコシとノーベル賞

(1987/11)
エブリン・フォックス・ケラー

商品詳細を見る

『ダニエルのふしぎな絵』の作者と同姓同名? バーバラ・マクリントックといえば、生物学のあのトウモロコシの人よな~と、バーバラ・マクリントックの絵本を見るたびに思い、ケラーの『ジェンダーと科学』なんかを久しぶりに読んだりして、昔はうちにあったはずのこの本を図書館で借りてきた(近所の図書館にはなくて、ヨソからの相貸)。

久しぶりに読んだけど、やっぱりおもしろかった。生物学、遺伝学、細胞学というような点でもおもしろいけど、「型にはまらない人」というマクリントックの生き方、研究のスタイルのことも、対象をよく観察すること、時間をかけてものを見るということ、そういう時間をかけた観察と実験と思考から見えるものという話も、マクリントックを育てた両親の話も。

生物学にあまり興味がない人には、途中の章は読むのがちょっとハードかもしれないが、理科のなかでも生物がとくにスキだった私には、読んでいてわくわくと楽しかった。
マクリントックは、トウモロコシという世代交代に時間のかかる植物を相手に、トウモロコシの気持ちが分かるくらい芽のうちからよくよく観察し、ちょっとした違いを見のがすことなく、そういう発現はどういうことか?と考え続けた。トウモロコシ一本一本の伝記が書けるというほどだった。

そんなところは、『金沢城のヒキガエル』の奥野さんや、奇跡のりんごの木村さんに通じるものがあるなと思う。たとえばダーウィン、たとえばラマルク、たとえばファーブル、そういう先人の説がもちろんあてはまる事象もある、けれど、あてはまらない事象もあるのだという簡単なこと。

マクリントックは、研究の対象がわれわれに語りかけるとしたら、それを受け入れるべきだという。その道のすぐれた研究者であっても、自分たちが暗黙の仮定にとらわれていることに気づかないことがある。これは例外だ、だって学説と違う、そんな風に脇へやってしまったりする。理論やモデルは、絶対のものではなくて、それは産まれもすれば消えもするのだとマクリントックは真っ当に考えていたが、周りからすればマクリントックのほうが変人で、わけのわからん人になるのだった。

マクリントックはこんなことを語っている。
▼「私には多くの研究が、答えを研究のなかに押しつけるために行なわれているように感じられます。…(中略)…望んだこと以外のことが起ると、これをそのあるがままには認めないか、あるいは間違いであると考えて捨て去ってしまいます。…ただ対象に語らせることさえできれば」。(pp.282-283、太字は、訳書では傍点の箇所)

▼「自分の扱っている対象が語りかけるところに耳を傾ける辛抱強さを持たねばならない」「生物と心が通い合っていなければならない」。(p.308)

▼「世界は科学的な方法によって私たちが理解しているものよりも、はるかに素晴しいものなのです」。(p.316)

植物は、たとえば「植物人間」とか「植物状態」という比喩で使われる、受け身であまり動きがないというようなものではないのだというところは、古いブルーバックスの『植物的生命像』をまた読みたくなった。

▼「植物が[あらゆる]種類の感受性をもっていることは疑問の余地がありません。そしてとりまく環境に対してさまざまな反応を示します。われわれの考えの及ぶほとんどすべてのことが可能です。しかしただじっとしているために、道をゆく人の植物に対する目の注ぎ方は、植物が本当に生きていないかのようであり、まるで生命の通っていないものに対するときと同じなのです」。(p.311)

こういう植物観をもとに「植物人間」とか「植物状態」と言っているなら、それこそは「本当に生きている、生命の通っている」ことをあらわしているのだと思う。

そしていま、マクリントックのこんな言葉が心に響く。
▼「私たちは環境を恐ろしく損ないながら、それでも平然と構えています。というのは私たちが科学の技術を用いていたからです。しかし科学の技術が工業の段階を迎えると、十分に先を見通していなかったためにしっぺ返しをうけます。私たちは仮定を立ててはならないことについて仮定を立ててきました。全体が実際のところどのように動いているかという観点から見ると、ほんのある部分がどうなっているかしか知らなかった。…私たちは残る部分がどのようになっていたかを理解することはなかったし、問題にもしなかったのです。ありとあらゆることが起っており、ただ私たちにはこれがわからなかったのです」。(pp.320-321)

この本は手放してしまった気がするが、もしかしたらどこかにしまい込まれているか?近所の図書館になくて相貸でしか読めないので、どこかにあるなら探し出したい。

このブログ経由で本やCDなどをamazonで購入した場合に入る手数料を『We』発行資金としてカンパしています
amazonへリンク
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1781-edfde866
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ