FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

翔ぶんだったら、いま!―青葉学園物語(吉本直志郎・作、村上豊・絵)

翔ぶんだったら、いま!―青葉学園物語翔ぶんだったら、いま!―青葉学園物語
(1979/08)
吉本直志郎・作
村上豊・絵
商品詳細を見る

『右むけ、左!』『さよならは半分だけ』に続く、青葉学園物語の3巻。

10月を「自由月」ともよぶ日々、道で拾った大金を警察へ届けにいったら、夏の西瓜泥棒のことを思い出したおまわりにどやされ、ええいと、その金で、学校をサボって街へくりだす話が出てくる。1~2巻ではほとんど書かれていなかった原爆のことも、ウドン屋のじいさんとばあさんが原爆で子や孫を亡くしたと語るなかで書かれる。こんなことも書いてあったっけと何十年ぶりに読みなおして思う。
街へくりだし、腹がへったのうと川むこうのバラックどおりをぬけて食べに入ったウドン屋で、店のじいさんとばあさんが、うどんを食べる子どもらをみながら、原爆でうしなった孫のことを縷々話しだす。しめっぽく話しつづけるじいさんにソッポを向いていた和彦だったが、拾った大金の残りをぜんぶそのウドン屋に置いてきたんじゃと言う。「ええぞ、ええぞ和彦ちゃん!」「えらいのう!えらいのう和彦ちゃん!ええことをしたのう!」

街にはこんなに人があふれているのに、誰もおじいさんらのことを知らん、みんなバカ揃いじゃ、ウドン食いにいっちゃればええのに、そしたらおじいさんらは喜ぶのにと思う子どもら。

原爆で親や身寄りをなくした和彦やボータンは、こんなことを話す。
「おれじゃって、日ごろ、原爆のことなんか思いだしたりせん。きょうは、あのおじいさんにおうて、久しぶりに、おれが四つのときに原爆にやっつけられてことを思いだしたけど…いつもは、わすれてしもうとる」「じゃが、わすれてしもうてええんかのう」「和彦ちゃん、おまえ、お父さんやお母さんがおらんのは、悲しいことじゃと思うこと、あるか?」
「悲しいじゃの思うたことないわい。とうのむかしに死んだ人びとじゃけえのう。あの人らは」
「おれじゃって、日ごろ、お父さんやお母さんを想い出したりすることはないけど…なんかのひょうしに、ふっと思うても、ただそれだけのことで、べつにどうと言うこともないけど…」
「きょう、あのおじいさんに原爆のときの話を聞いて、おれのお父さんやお母さんはどんな人じゃったんかのう、と、きょうは特別、気になって…」
「もう、おらんもんはおらん。そんな話はするな」
「じゃが和彦ちゃん。おれらはもう、お父さんやお母さんがおらんことがあたりまえみたいで、べつに悲しいと思うたこともないけど、お父さんやお母さんがおらんことは、よう考えたら、やっぱり悲しいことかもしれんぞ。和彦ちゃん、どう思う?」
「うるさいのう。そんなこと、知るもんか。お父さんじゃのお母さんじゃの、聞きなれんことを言うな。─気持ちがわりい」
「じゃが…」「ひょっとしたら、悲しいことかもしれんぞ」

おじいさんとおばあさんは、自分らが死んでしもうたら子や孫のことを思うもんが誰もおらんようになると言った。そんなふうに、人はいつか、誰からも思いだしてもらえなくなるのか?とボータンは思う。
▼顔も思いだせず、いっしょに暮らした記憶もないけど、やっぱりお父さんじゃもん。やっぱりお母さんじゃもん。おれを生んでくれたんじゃもん。すっかり忘れちゃあ、いけんのじゃ。
 ボータンは五年生の頭でそう思った。
 いままでうっかりしていたけど、今度から、お父さんお母さんのことを、ときどき思いだすことにしよう。と、ボータンは決めた。(pp.153-154)

原爆にやられたとき、ボータンは4歳、和彦は5歳だった。子どもにとって、親をうしなったということは、どんな記憶になるんやろと思う。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1732-bc6b876e
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ