FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

おせっかい教育論(鷲田清一、内田樹、釈徹宗、平松邦夫)

おせっかい教育論おせっかい教育論
(2010/09/28)
鷲田清一、内田樹、釈徹宗、平松邦夫

商品詳細を見る

朝ヌキで、ハラヘッタハラヘッタと思いながら健康診断へゆくと、なんやかや待って、予約した時間を半時間あまり過ぎてスタート。行きの電車の待ち時間と、診療所での待ち時間のあいだに、ハラヘッタを追い払いつつ読んだ本。

ナカノシマ大学のことは、ごくたまに『月刊島民』を拾って読んだときに知っていた。そのナカノシマ大学のキックオフセミナーでの話の記録と、第2夜としておこなわれた4人の教育談義の記録をまとめた本。タイトルにあるように、教育の本質は「おせっかい」にある、というのがこの本の基調。
「遊園地」ではなく「原っぱ」的学びを(そこに行ったらメニューがあって、その中で何を選ぶかというのではなくて、自分たちで何かをすることでその空間の意味を作っていく)とか、「まなび」とは「自分が打ち砕かれる経験」(いままでより、もっと見晴らしのよい場所に出ることが学び)とか、子どもの訳の分からなさと同じくらい訳の分からなさの多様性が必要(子どもの個性と同じだけの数の個性の教師が並んでいることが理想)とか、わりとええなーと思うことが、語られている。

ええな~と思うけど、なにかひっかかるところもあって、私は何がひっかかるんかなーと、ハラヘッタを追い払いながら読んでいた。(おっさんばかりがしゃべってるやんけ、というだけかもな。)

脚注に出てきた、青木淳の『原っぱと遊園地―建築にとってその場の質とは何か』を読んでみたいなと思ったけど、近所の図書館になーい。もう1冊、『原っぱと遊園地 2 見えの行き来から生まれるリアリティ』というのもあるようだが、これも図書館になーい。そのうち相貸で。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1706-ec68799c
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ