FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

社会課題アドバンスセミナー:自分ことばで語ろう「ぶらく」(2/18、大阪・箕面)

ベーシックセミナー(第1回第2回第3回)に続き、こんどのアドバンスセミナーでも会場で『We』フェミックスの本を販売させてもらえることになりました。参加もします~
-----
社会課題アドバンスセミナー:自分ことばで語ろう「ぶらく」
~ こころで感じた「ぶらく」のこと、すなおに話そう、語りあおう ~

社会課題アドバンスセミナー日時:2011年2月18日(金)pm7:00~9:00
 (pm6:30より受付)なるべく時間までにお越しください
場所:らいとぴあ21アクセス・地図
参加費:無料 定員:50名 要事前申込
お申込・お問合せ:tel 072-722-7400
一時保育あり=申込み〆切:2月11日(金)
進行役(ファシリテーター):森 実さん:同和教育・人権教育・識字教育・社会教育などを専攻。大学では、部落問題概論や人権教育論などを担当。部落問題をはじめ、さまざまな社会的・政治的な課題を個々人が自らの問題として考えるようになるプロセスに関心を持つ。
・・・
「被差別部落」について語りあったことって、ありますか?

マスメディアでも部落問題を取り上げることは難しいとされ、世間では「さわらぬ神にたたりなし」とばかりに、話すことすらできない空気がただよっています。 

話そうとしないのは「差別はいけない」「差別をしたくない」という思いの裏がえしでしょうか。とはいえ、思いを「伝える」「行動する」ことがおきなければ、部落に対する疑問や誤解は人の心に置き去りにされたまま。差別の現状も変わらないままです。

今回のセミナーでは、これまで話すことのなかった「部落」について、集まった人たちとの語りあいを通じて考えていきます。さまざまな意見や考え方を聴き、また自らも語ることは、新しい価値観に出会い、自分を見つめ、心をほぐしながら、考え方・生き方を少しずつ変える可能性を持っています。
社会課題アドバンスセミナー
*こどもが被差別部落出身者との結婚を望む場合
  ・・・35.3%が「認めない」   
*住宅を選ぶ際に同和地区を避けるか
   ・・・56.8%が「避ける」
(2009年度「箕面市民の人権に関するアンケート調査」より)

結婚差別など、部落に対する差別意識は今なおあとを絶ちません。差別解消の第一歩は、「差別はしない」から、「差別はおかしい」と行動する自分へ、生き方を“半歩”変えることかもしれないのです。

個々の意見を尊重する少人数ディスカッションなどを交えた参加型学習で進めます。

・・・
アドバンスセミナーの第2回は、3月6日(日)pm1:30~4:00の「学校とセクシュアリティ」(講師:日高庸晴さん)。詳しくは、チラシ画像をクリック!
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1679-2108580d
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ