FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

後には脱兎の如し(近藤ようこ)

後には脱兎の如し後には脱兎の如し
(2004/11)
近藤ようこ

商品詳細を見る

先週、めずらしく返した本の冊数より届いている予約本のほうが少なかったので、図書館をうろうろとする。近藤ようこって、たしかやまだ紫みたいなマンガ家よな~、エッセイもあるのか、卯年やし「兎」がタイトルに入った本でも借りてみるか、と借りてみた。

「本業である漫画の仕事が減っていて、背に腹は代えられない状態」ゆえに、近藤ようこはエッセイを書き、この本ができたという。こんな本を出しては数少ない私のマンガ読者が減ってしまうのではないかと、近藤はおそれる気持ちを「あとがき」に記しているけれど、私には、かなりおもしろかった。

ここなんか、読んで笑ってしまった。
▼中年以降の男性のエッセイに必ず出てくる「かつて好きだった女」「かつて結婚していた女」「かつて私を泣かせた女」その他いろいろの女たち。そこには「女」がどんな人で何を考えていたのかにはお構いなく、たいていは「女」と関わっていた頃の著者自身の心情が一方的に回想され、感傷されている。(p.64)
「ダイエットの怪」に書かれている、女を男から峻別する要素のこと、「言葉もない」に書かれている、常套句のこと、わかる~と思う。

本ネタ話の場がすんで、こんなところも印象的。
▼古書は不思議なものだ。骨董品や代々受け継がれるような宝石に似ているようでもあり、違うようでもある。ヒトと生活を共にして古びてボロくなるのは骨董品と同じだし、古くなっても本質的な価値を失わないところは宝石のようだ。
 古びて紙が変色していても、書かれているのは昔読んだのと同じだ。あたりまえのことだが、それによって時が止まるのである。こういう経験を与えてくれるものを、私は他に持っていない。(pp.79-80)

私は近藤マンガをほんの数冊(たとえば『見晴らしガ丘にて』とか、『アカシアの道』とか)読んだことがあるきりだが、巻末のリストを見ると、近藤マンガはかなりたくさんあるのだった。近所の図書館に、マンガのリクエストは受け付けないという変な内規ルールはあるが、思ったよりは近藤作品が入っているので、所蔵のあるやつは読んでみようと思う。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1673-77d6e801
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ