FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

日本の放浪芸 ベストセレクション(小沢昭一)

日本の放浪芸ベストセレクション「小沢昭一が招いた日本の放浪芸大会」を聞いて、もっと聞きたい!と、とりあえず図書館にあった別のCD「日本の放浪芸ベストセレクション」も借りてきた。

収録されているのは、祝う芸(尾張(知多)万歳、三河(西尾)万歳、秋田(横手)万歳)、説く芸と話す芸(のぞきからくり)、語る芸(ごぜ採訪、いたこ採訪、浪花節)、商う芸(東寺境内風景、見世物小屋呼込み、天王寺境内風景)、流す芸(猿まわし)である。
「のぞきからくり」は、からくりの屋台だけは大阪の歴史博物館で見たことがあるけれど、物語を話す芸人がなければ、それはただ置いてあるだけのものでたいしておもしろくもないのだ。この語りを思い浮かべて、こんど行ったらあの屋台をまたのぞいてみたいと思う。

商う芸におさめられているのは香具師(てきや)の口上(タンカ)であり、呼び込みである。これがまたすごい。どう買う気にさせるか、まさに舌耕の芸なのである。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/167-07e1d399
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ