FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

毛と穴

ke_to_ana東京方面で『毛と穴』というのが出るそうだとweb上で見ていたが、こないだうてつさんが大阪へ来たときに、もしかしたらと思っていたら、果たしてうてつさんのカバンから『毛と穴』がするすると出てきて、私は「毛の巻」と「穴の巻」を2冊セットで買った。2冊を並べると、ばばーんと「毛と穴」になる。

A5サイズでそれぞれ40ページ余り、『po=po』よりは字が小さめで、やはり字がつまったかんじの紙媒体。これも「個人的なことは政治的なこと」を切り口にしている。
どっちもおもしろく、そして切ないことには「なつかしかった」。読んでいて、自分のハタチ頃を思い出すようだった。私が「なつかしく」感じることが、今もまだリアルであること、そこが、「個人的なこと」ではなくて「政治的なこと」なのだと思った。

私にはとくに「毛の巻」のおふんの話、つまりは屁の話から逆切れ男を考察したテキストがおもしろかった。「わき毛そよそよ」のイラストも。

*そのうち通販を始めはるそうです
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1634-93cf28ec
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ