FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

プリーモ・レーヴィへの旅(徐京植)

プリーモ・レーヴィへの旅プリーモ・レーヴィへの旅
(1999/07)
徐京植

商品詳細を見る

徐京植さんの『秤にかけてはならない』で、このプリーモ・レーヴィを訪ねた旅のことを書いたという本を読みたくなって、図書館で借りてきた。

プリーモ・レーヴィは、イタリア系のユダヤ人。アウシュヴィッツを生きのびた人である。

▼ピエモンテに、トリノに、プリーモ・レーヴィの「根」があった。住み慣れた家、身についた仕事、幼なじみや隣近所の人々、耳慣れた言葉、思い出の染み着いた街路、市内を流れる川や市を遠くとりまく山々、そこに吹く風、反射する光…。「根」とはそれらすべてのことだ。人間らしい生にとってかけがえのないもののことである。考えてもみよ。普通の人々にとって、その「根」を自らの手で抜き去ることがどんなに困難なことか。だが、災厄はそこにつけ込んでくる。(p.38)
ここを読んでいて、『無名戦没者たちの声』に出てきた「二つの地図」のことを思った。特攻で命を散らした渡辺静さんがノートに丁寧に描きのこした、ふるさとの地図。中国系マレーシア人の簫嬌さんが描いた、日本軍によって一夜にして廃墟となった今はなきふるさとの村の地図。自らの手で抜き去ることの難しいその「根」を、プリーモ・レーヴィも、渡辺静さんも、簫嬌さんも、根こぎにされたのだ、と思った。

(この本のことは、『We』169号の「乱読大魔王日記」でも書いた。)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1591-cdd07199
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ