FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

「A2」(森達也)

A2 [DVD]「A2」
(2003/07/25)
森達也監督作品

商品詳細を見る

こないだ見た「A」に続き、「A2」を編み物の手を動かしながら見る。

「A」は広報部副部長の荒木浩を追ったところが大きかったが、「A2」は、オウムの信者とオウムではない人たちを合わせ鏡のように撮ってる感じ。オウム信者に「出ていけ」と怒声をあげ、オウム反対、殺人集団、出ていけなどと書いた横断幕やプラカードの連なるデモの様子や、監視を続ける人たちの姿が、ところは変わっても、同じように見える。「オウムに対しては何をしてもいい」というような勢いが、"住民"を結束させていたりする。

そのなかで、オウム信者と、そもそもはオウムを監視し排斥をうったえていたはずの近隣住民たちとが、日々顔をあわせ、言葉を交わすなかで、親しくなっている場があった。「マスコミには絶対出ないですけどね」という、その近所どうしの世間話の様子がうつされる。背後にはまだ「殺人集団、出ていけ」みたいな看板が掲げてあるけれど、その前で、顔見知り同士の会話が交わされている。話してみると、まじめな若者たちだ、というようなことを近所のおっさんやおばちゃんが言っている。そして、監視小屋の撤去を信者が手伝っていたりする、ほんとに不思議な関係ができていた。
こんなことが起こった場はほかにはなさそうだったけれど、他の場所で、どうぞと招き入れているオウム信者に、決議文だけを押しつけるようにして、外から拡声器でその内容をがなり立てる姿などを見ていると、対話してみようという一歩はどうやったら出るのか、とも思った。

そういう宗教は多いが、オウムも「欲」を断とうとする。食欲をどうでもいいものにするということなのか、見た目にもまずそうなものを食べていたりするが(森達也が食べてみて「最高にまずいんじゃないの」と言っていた)、断ちがたい欲もやはりあるようで、「性欲が…」と言ってる若い信者の姿に、それを断って、どういうとこへ行こうとしてるんかなーと思ったりした。

知らなかったが「A2」も本の『A2』があるらしい。こんど図書館で借りて読んでみようと思う。

「A」も、「A2」も、少し時間が経った今、むしろ今こそ見ろという作品だと思った。

「A2」 劇場予告編


「A」 劇場予告編
Genre : 日記 日記
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1575-c72a41e0
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ