FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ハチミツドロップス(草野たき)

ハチミツドロップスハチミツドロップス
(2008/07/15)
草野 たき

商品詳細を見る

今日は図書館を3カ所ハシゴ、ふだんあまり行かない図書館で久しぶりにうろうろ。返した本といつもの館に届いている予約本とを数えて「1冊」OK。なじんだ書架をうろうろするのもいいものだが、見慣れない並びの書架をぶらつくのも楽しい。

あまり重い本を借りたくなくて、文庫のあるところを「大人の本」コーナー、「YA」コーナー、「子どもの本」コーナーと見てまわる。夏石鈴子の『虹色ドロップ』をちびちび読んでるせいか、草野たきの『ハチミツドロップス』が目について、手をのばす。
タイトルの「ハチミツドロップス」は、登場人物たちが通う中学で代々受けつがれた言い方で「ドロップアウト集団のくせに、部活の甘くておいしいとこだけを味わってるやつら」(p.8)という意味をこめてつけた、そういうゆるーい部活の"別名"なのだった。

お気楽でいい加減で根性なしともいえる「ソフトボール部」、主人公のカズがキャプテンを務める(といっても、それはじゃんけんで負けたから)この部活は、「ハチミツドロップス」のひとつだった。やる気まんまんのチカちゃん(カズの妹)たち、全国大会にだって出て勝つつもりの新一年生が入ってくるまでは…。

三年になったカズ、ハチミツドロップスの解散、気になる受験、それより気になる直斗のこと、家にかかってくる変な電話のこと、、、、疾風怒濤のできごとを、ずっとお調子者の「カズらしさ」にスイッチして、しのいできた。でも、スイッチの切り替えができなくなって、ああ自分は「カズらしさ」に逃げてきたんだ、本当に言いたいことは、本当に聞いてほしいことは、違うんだと気づき始める。

家にかかってくる変な電話の話がせつない。私にも似たような経験がある。変なことを言う電話をとってしまったときに、必死で「もう切れた間違い電話」のふりをしたこともある。あの電話で聞かされた話は、子どもの私には重すぎて、暗い暗い暗い頃があった。帰りたくないなあと帰り道に思うこともあった。そんなことがあったのを、長女の「カズ」の姿に久しぶりに思い出してしまった。
 
Comment
 
 
この終わりかた納得いきません。
続きとかないのかな?
  [URL][Edit]
なにげなく読んだ作品ですが
思った以上によかったです。
トラックバックさせていただきました。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1491-536eff26
お気楽なソフトボール部のキャプテン、カズ。クールな高橋。坂本竜馬フリークの真樹。ちょっとエッチな田辺さんに、運動神経ゼロの矢部さん。愉快な仲間たちとの部活のかたわら、直斗との恋も絶好調。だけど、...
2010.11.04 01:27
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ