FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

語り合うにっぽんの知恵(高田公理)

語り合うにっぽんの知恵語り合うにっぽんの知恵
(2010/07/22)
高田 公理

商品詳細を見る

これの前の『にっぽんの知恵』を先に読んでから、こっちもたらたらと読んでいた。前著は2005年の新聞連載をまとめたもの、こっちは2006年度分である。

おたがい「ちょぼちょぼの人間」が、何でもいい、モノやサービスや思いなど、それぞれ持ち前の能力に支えられた営みを、相互に「やりとり」しながら「重ね合わせ」て、日々の暮らしを遊び楽しみながら成り立たせる方向をめざすこと──それをこの本では「にっぽんの知恵」と呼びたいと巻頭にある。

前著と同じく、「花見」「生態史観」から「座談会」まで、3人が寄って語り合っている。エイゴの「コミュニケーション」と、日本語の「やりとり」は、根本が違うという話がおもしろかった。
▼英語の「コミュニケーション」という単語は日本語に訳しにくい。実際この言葉は、必ずといっていいほど、カタカナ書きの外来語として用いられる。同時に、いまひとつ大切なことは、「たがいに情報を『やりとり』する」ときには、わざわざ「双方向コミュニケーション」と表現しなければならなくなる。
 それに比べると「やりとり」は、みごとな日本語だと思う。背景には、日本人が「一方向的な情報伝達」より「やりとり=双方向コミュニケーション」を、より根源的なものとして大切にしてきたことが暗示されている。そして、さまざまに異なる、しかし「ちょぼちょぼ」の人と人とが、それぞれの知識や思いを「重ね合わせ」ながら、より好ましくて楽しい暮らし方を求め続けてきたのである。(pp.254-255)

どのネタの座談もへぇぇと思ったり、そんな見方があるんか!と思ったりしながら、おもしろく読んだ。ちょーっと間違うと「にっぽんチャチャチャ」へ曲がりそうな感じで、そうでもないところが、わるくなかった。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1487-fb34f698
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ