FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

限界集落 吾の村なれば(曽根英二)

限界集落限界集落
吾の村なれば

(2010/04/23)
曽根 英二

商品詳細を見る

ハンズオン!埼玉の西川さんが実家に戻ったときに図書館で借りて読んだそうで、私も図書館から借りてきて読んでみた。西川さんのうまれ故郷もそうだが、「中山間地域(ちゅうさんかんちいき)」、都市でも平地でもないところの話である。日本の7割は、この中山間地域。多くの場合、そこは過疎の村で、高齢化率はひじょうに高く、学校が閉じられていっている。

「心の過疎」の話が、ぐぐぐっときた。「何もない」と言い、子どもらに帰ってくるなと言い、住んでいる場所に誇りをもてない心。
中山間地域の疲弊の現状を、作野広和さん(島根大教育学部)はこう表現する。
▼「人の空洞化」→「土地の空洞化」→「ムラの空洞化」→「ムラの消滅」(p.206)

つまりは、過疎化→耕作放棄→社会的空白地域→人工空白地域という形だ。これに対応するとしてとられてきた政治行政は、過疎対策、直接支払いや集落営農、福祉や交通、すべては対症療法の対策だった。

作野さんの言葉
▼「もちろん、産業構造とか地域構造の変化とか、それが引き金です。しかし問題は何か? 過疎地域や中山間地域の本質的な問題は何かというと、『心の過疎』ではないかと。つまり、その地域に住むことの誇りを失っていることが大きい。中山間地域に行くと、おじいさんがワシの地域は何もないと自信を持っておっしゃる。都会の人が行って『すごいですね』と言っても、地域の人は『だめなんだ』とおっしゃる。だったら自己否定していることになる」(pp.206-207)

▼「お金は儲からないより、儲かったほうがいい、人口は少ないより多いほうがいいという価値観を誰もがかなりの割合で共有している。学生にどこ出身? と聞くと、大阪、広島など都会出身者は勝ち誇ったように言うが、田舎出身の学生は『いや先生は知らないところだから』とごまかしてしまう。『都会は○』で『田舎は×』という価値観を国民すべてが共有してしまっている。これを、逆転しないとというか、逆に持ってくるというのが、みなさんリーダーのやるべきことですよ」(p.209)

これは、岡山県が知事の肝煎りでスタートさせた「中山間地域対策本部」で、九地区の代表が参加するリーダー育成講座での作野さんの発言。

岡山の端で「蔓牛(つるうし)」の復活に人生をかける平田さんの話には、この本とはちょっとずれるけど、口蹄疫でほとんどの牛を殺さなければならなかった畜産農家の人たちのことが、わけても「種牛」の公益性をうったえて"公平に殺処分に応じよ"と言われていた農家の人のことが思い出された。

ピオーネ栽培を地域の産業にと苦労し、新規就農の若い人を迎え入れてきた村、そして移住して就農した若い人たちの話は、限界への挑戦の姿はどうありうるんやろうと思ったし、一方で、子どもの少なくなった学校が次々と閉じられていくのが、子どもたちの発達のためだ、教育上の観点から規模の大きな学校で学んだほうがいいのだというものの、なんとかならないのかと思った。

校長を務めた学校の閉校式をもって定年退職する、ある先生の話。
▼「学校がなくなった村がね、これからどんどん寂れていくだろうと思います。人が住まなくなる.少なくとも子どもたちを持つ若い夫婦はね、町に住むようになる。…学校のあるところへ行って住むしかないよねと思います。なんとかならないかと、いまこうなって初めて取り組むんじゃなくて、だいぶ前からわかっていたと思いますよ。昭和三十年代後半、高度経済成長のころからね。政治をする人や研究者とか、日本の人口の移り変わりの予測ができていたと思うんですが、やはり積極的に国としてはしなかったんでしょうね」(p.197)

この校長先生が、統合先の遠い学校へ通うようになる子どもたちに語る言葉がいいなあと思った。
▼「他から来たというのではなく、自分の学校として神郷地区の学校として、母校として親しみと愛着を持ってほしいと思います。父母にも遠く離れたよその学校と思わずに運動会にも行ってほしいし、学芸会にも行ってほしいし、旧神郷町にある唯一の学校として愛してほしい」(pp.197-198)

私自身は、つくられた町・千里ニュータウンで生まれ育ち、「中山間地域」には住んだことがなく、たとえば西川さんの実家付近の風景を思い浮かべたり、この本で語られる地域のことを読んで想像するだけだが、「学校」についてはわかるなあと思うところもある。

私が1年から5年まで通った、かつて住んでいた団地のすぐ前にあった小学校は、昨春とうとう廃校になった。たまたま親が引っ越しをして、卒業したのは同じ市内の別の学校だったけれど、5年間すごし、学童にも通い、隣には通っていた保育園もあった学校が、もう今はない。

ニュータウンも、いつしか「オールドタウン」と呼ばれるようになり、子どもは減り、高齢化率はずいぶん上がっているという。「限界集落」は、なにも中山間地域だけの心配ごとではなくて、たぶん町の中にもあらわれる。

どうやって暮らしていくか、どうやって生計をたて、人とつきあい、地域の関係をつないでいくか。そういうことのいろいろを、ほぼずっと町に住んできた自分としてもぐるぐる考える本だった。

こないだ読んだ『どんぐりのリボン』の初版はほぼ20年前で、その頃はまだ兵庫の奥の「夢野町」も、限界集落とまではなってなかったんやろうなあとも思った。
 
Comment
 
 
突然すみません。
島根大学の作野です。
当方の発言内容を丁寧にトレースして頂き,ありがとうございます。
こんなふうに,ブログで反芻して頂くと,私自身もたいへん勉強になります。
これからもご指導のほど,よろしくお願い申し上げます。
島根大学の作野です  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1486-2fdbf21a
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ