FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

女中譚(中島京子)

女中譚女中譚
(2009/08/07)
中島 京子

商品詳細を見る

フト中島京子の本を思い出して、なにか新しいのは出てるかなと検索したら、去年の『女中譚』と、出たばかりの『小さいおうち』があった。

図書館にあった『女中譚』を借りてくる。タイトルからすると、『FUTON』『イトウの恋』のような、元ネタもののニオイ(『FUTON』は花袋の『蒲団』から、『イトウの恋』はイザベラ・バードの『日本奥地紀行』から、それぞれ着想したものである)。

収録されているのは3篇、「ヒモの手紙」、「すみの話」、「文士のはなし」。
それぞれ、
 A toribute to Hayashi Fumiko's "Jochu no Tegami."
 A toribute to Yoshiya Nobuko's "Tama no Hanashi."
 A toribute to Nagai Kafu's "Jochu no Hanashi."
という話であった。

アキバのオスミばあさんの昔語り…のようなところから、するりと"当時"のすみの話になって、そしてまた今のアキバに戻ってきて話はとじられる。

うまいなー
元の「話」も読んで、堪能したい。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1394-7c4b1877
昭和初期の林芙美子、吉屋信子、永井荷風による小説があの気鋭作家によって現代に甦る。失業男とカフェメイドの悪だくみ、麹町の洋館で独逸帰りのお嬢様につかえる女中、麻布の変人文士先生をお世話しながら舞...
2011.04.30 03:14
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ