FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

結婚ぎらい(田辺聖子)

結婚ぎらい (光文社文庫)結婚ぎらい
(2009/09/08)
田辺 聖子

商品詳細を見る

雨が降り続くなか、図書館1へ行き、本を返して、図書館2へ行き、本を返して借りて、図書館1へまた戻って予約していた本を借りて帰る。

久しぶりに田辺聖子の小説を借りる。新装版と書いてあるから、前に出た本なのだろう。「男がキライなものをあつめてみた」という短編集。「オカルトぎらい」「結婚ぎらい」「人妻ぎらい」「家庭ぎらい」「処女ぎらい」「魚ぎらい」「サムライぎらい」。

いつやったか、コレ前に読んだなーという話もあったけど、また楽しく、うひうひと笑いつつ読む。
田辺聖子のあとがきに、こんなとこがある。
▼…人間はその好ききらいの発するところ、かならずユーモアがうまれるので、それを書きたかった。魚ぎらいの女、というのはユーモアにならないが、魚ぎらいの男、というのは、それ自体、生活歴も透けてみえてユーモラスである。(p.278)

魚ぎらいの女がユーモアにならないというのが、どないなことかは実はよくわからんけど、小説はいつものようにおもしろかった。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1384-108fe14d
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ