FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

BIJNの集会で手に入れた本や資料など

26(金)、27(土)のBIJNの集会で手に入れた本や資料など。
BI_books.jpg
「在日無年金問題の解決をめざす会」在日無年金問題の解決をめざす会・京都のパンフレット):
在日無年金訴訟のことは、川崎さんのブログで中村一成さんの本(『声を刻む―在日無年金訴訟をめぐる人々』)が紹介されていたのを最近読んで、この本もそのうち読んでみたいと思っていた。

売る机が少し遠かったけど、この会の机のまわりにいた方がみなさん手話を使って話をしていて、無年金状態になってる人たちのなかに、ろうの人がいてはるんやろうなと思って見ていた。

『みんなちがって みんな一緒!障害者権利条約』日本障害フォーラム
表紙にイエローリボンがあり、この冊子と一緒にイエローリボンのバッジも売られていた。リボンもいろいろあるが、黄色のリボンは知らなかったので、売っていた方にお訊ねすると「障害のある人びとの、その人らしい自立と社会参加をめざす」もの、障害者権利条約の趣旨を伝えていこうというものだとのことだった。

私はこの条約の名前くらいは知っていたけど、内容をよく知らないので、しばらく立ち読み。手話を含め、言語やコミュニケーションのことについてもいろいろ書いてあったので(言語の問題と障害の問題はちょっと違う気もするが)まず読んでみようと思い、本屋で売ってなさそうなのを一冊購入。

絵本のモモ(安部芳裕監修)『銀行がナイショにしてる お金のひみつ』新日本文芸協会:
金土と隣で本を売っていたよしみと、あべさんの本(『日本人が知らない恐るべき真実』)はなかなかおもしろかったので、あべさん監修か~と思って購入。28日には京都であべさんや町田の地域通貨の今井さんなどをまじえた勉強会があったそうだが、へなへなでとても行けず。

モモさんの本を一緒に売っていた今井さんには、地域通貨「花」の現物も見せてもらった。

横塚晃一『母よ!殺すな』生活書院(復刊の第2版):
復刊の初版以後に発見された9篇がさらに増補されたということで、前々から買おうかどうしようかと迷っていたのを、どうも近所の図書館に入る気配もないし(旧著もないのにな~)、2割引にもつられてこの機会に購入。旧著の2倍以上の厚さ。

立岩真也+齊藤拓『ベーシックインカム 分配する最小国家の可能性』青土社:
立岩さんは金土とも、ご自分の関わる本をいろいろ並べてずっと自分で売り子をしてはった。他の本にもいろいろ興味はあったのだが、本屋にも並ぶ前の最新刊を購入。これは必ずしもBI礼賛の本ではなく、BIはシンプルだからエエというが、それはどういうことか?分配の方法は他にもあるんちゃうんか?などを考えた本らしい。共著の齊藤さんは、ヴァン・パリースの本(『ベーシック・インカムの哲学』)の訳者だそうだ。

「ベーシックインカムを導入し、みんなが安心して暮らせる社会をつくろう!」ベーシックインカムええじゃないかのパンフレット):
写真に入ってないが、「縄文のビーナス」が表紙に描かれたパンフ。中にも縄文土偶や縄文火炎土器のイラストが入っている。「1万年の長きにわたって奪いあいや争い(戦争)のない社会だった」のが縄文時代だと分かってきている、調和と共生のなかで生きた縄文人のココロがこの列島にはあるんじゃないか、ということからのようだ。(このパンフはコピー・転載自由とあり、本文は、ベーシックインカムええじゃないかのページで読める。
Genre : 日記 日記
 
Comment
 
 
やぶいぬさん、
「みんな違ってみんな一緒!」をはじめ、BIJN集会で持って帰ってきた資料はまだチラっとしか目を通してませんが、とくに言語やコミュニケーションの話は興味があるので、近いうちにじっくり読もうと思ってます。

「見る言語」という手話の特色や、「ろう者は障害者か?」ということや、いろいろ考えていると頭がクルクルしてきますが、ボチボチと。

BIJN集会では、1日目の講演で要約?筆記ぽいのがありましたが、すごいスピードで文章が提示されていくので、これは書記日本語に長けた人でないと、読み取っていくのは難しいだろうなーと思って見てました。

1日目夜の前夜祭は音声言語のみで、2日目の講演や分科会は出てないので音声言語以外の情報保障がどういう具合だったか不明ですが…
  [URL][Edit]
2010.04.05 Mon 11:41 やぶいぬ  #xVJSKgY2
「みんな違ってみんな一緒!」は、よくできた冊子だと思います。私はこの条約を策定するときの国連の委員会を傍聴したのですが、「手話は言語」と認めさせるために、日本含め世界中のろう者がロビイング等を繰り広げていたのが印象に残っています。手話という言語を学ぶ・使う権利や、それを政府や自治体が阻むことは「合理的配慮をしないという差別」になりうる・・・ということが書かれている条約でもあります。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1318-10ef4be6
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ