FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

拉致対論(蓮池透、太田昌国)

蓮池透さんの『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』のあと、この対談集も読んでみたいと思って借りてきた。

拉致対論拉致対論
(2009/08/29)
蓮池 透、太田 昌国

商品詳細を見る
蓮池さんは、発言が「変わってきた」と言われているらしい。「家族会」のなかでそれで批判されたりもあったらしい。

そのことについて、ご本人はこう述べている。
蓮池 私は最近、変節者だとか、立場を変えたとか言われます。変わったということを大きくクローズアップさせるのは私としては嬉しくありません。突然変化したというわけではなくて、徐々に、時間が経つにつれていろいろなことを深く考えながら現在にいたっており、結果として、周りから見ると変わっている。同じことを言っているのかもしれませんが、そういう風に捉えていただければと思います。(p.22)

ここを読んでいて、原田正治さんのことを思った(原田さんのお話は『We』163号に掲載している)。弟さんを保険金殺人で亡くした原田さんは、裁判の初めの頃には報道陣にこたえて「極刑しかない」と話していた(このときの映像は、12月に龍谷大のシンポへ行ったときに私も見た)。そして、時が経ち、原田さん自身が「弟を殺した長谷川君」と面会し、手紙をやりとりするなかで、変わっていった。いま死刑は廃止だという原田さんも、かつて極刑しかないと言った原田さんも、どちらも原田さんなのだ。

蓮池透さんのことも、そんな風に思う。
変わったら悪いのか?と思う。

「変わった」ということについては太田もこう述べている。
太田 …異なった意見を持っていた、あるいは持つ者同士が、お互いの意見を語り合い、その中でお互いが場合によっては異なる意見を受け入れたりして相互浸透がなされていくというのは、人の考え方が変わっていく、また問題認識が深まっていく時の基本的なあり方だと思います。拉致問題をめぐる事態が一ミリも動かずに硬直していて、来年植民地化から100年を迎える時期になってもなお北の共和国とは国交正常化が行なわれていないという信じがたい状況を渡したちは前にしています。個人の力が小さいとは誰もが痛感することですが、かつては対話など成り立たないだろうと頭から決めつけていたような二人が拉致問題をめぐって思うところを話し合うというところに、もう少し広い社会的な意味を持たせることができないかなという思いが、私にはあります。(p.21)

交渉が全く進展しないことは、ご家族にはたまらないことだと思う。どんな手段を使ってでも取り戻したいだろうと思う。だが、ある時期から家族会の方たちは「北朝鮮に経済制裁を」という主張ばかりになったように見える。経済制裁が被害者全員の帰還につながるのか、というと、私は本を読んだくらいだけれど、そういう交渉がうまくいくようには思えない。

私はさいしょ、二人の名前を見て、へー蓮池さんと、この太田って沖縄の県知事をした人やったっけ?とボケナスな勘違いをしていた(それは大田昌秀、テンないし)。だいぶ年も違うやろうに、どういう縁かなあと思っていたら、太田昌国さんというのはゲバラの本をいくつか出してるほか、この本でもときどき言及される『拉致「異」論』『暴力批判論』という本を書いてる人だった。この本もそのうち読んでみたいと思っている。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1257-1e33200c
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ