FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

2006年に読んだ本

古いテキストファイルが出てきて、開けてみたら、2006年に読んだ本のリストだった。
つまみぐいで読んだ本は入ってなくて、てっぺんからしまいまで読んだ本だけ。
値段まで書いてあるのは、本の置き場モンダイがどうにもならなくなって、図書館で借りて読むかわりに「買ったつもり貯金」をしていたからである(いくつかは買った本もある)。その「つもり貯金」もあまりに額が大きすぎて、すぐに「1割貯金」に変更した。

ほかすのもモッタイナイので、とりあえずここにコピーしておく。
1月に読んだ本のリスト
○中島らも、いしいしんじ『その辺の問題』角川文庫 \760
○浅田次郎『天切り松 闇がたり〈第4巻〉昭和侠盗伝』集英社 \1575
○安達哲『バカ姉弟 3』講談社 \945
○安達哲『バカ姉弟 2』講談社 \945
○安達哲『バカ姉弟 1』講談社 \945
○中島らも『寝ずの番』講談社 \1575
○松本晃一『アマゾンの秘密』ダイヤモンド社 \1575
○野村保恵『誤記ブリぞろぞろ 校正の常識・非常識』日本エディタースクール出版部 \1470
○中島らも『今夜、すべてのバーで』講談社文庫 \560
○中島らも『西方冗土』集英社文庫 \347

○群ようこ『毛糸に恋した』幻冬舎文庫 \600
○広瀬光治『羊からの贈りもの』モデラート \1365
○中島らも『牛乳時代 らも咄』角川文庫 \479
○中島らも『とらちゃん的日常』文春文庫 \620
○大橋歩『うれしい編みもの』文化出版局 \1275
○広瀬光治『さすらいの手編みじぇんぬ』集英社be文庫 \740
○広瀬光治『羊の気持ち』モデラート \1470
○橋本治『男の編み物[ニット] 橋本治の手トリ足トリ』河出書房新社 \1835
○内田樹、名越康文『14歳の子を持つ親たちへ』新潮新書 \714
○南ゆかり『その仕事、すきですか?2』ワニブックス \1260

○角田光代『いつも旅のなか』アクセス・パブリッシング \1575
○中島らも『僕にはわからない』双葉文庫 \489
○村田吉弘『京料理の福袋 料亭「菊乃井」主人が語る料理人の胸の内』小学館文庫 \460
○橋本治『乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない』集英社新書 \714

2月に読んだ本のリスト
○ロアルド・ダール(クェンティン・ブレイク絵、柳瀬尚紀訳)『ガラスの大エレベーター』評論社 \1260
○原田正治(前川ヨウ構成)『弟を殺した彼と、僕。』ポプラ社 \1575
○大田垣晴子『わたくし的読書』MF文庫(メディアファクトリー) \620
○白石昌則・東京農工大学の学生の皆さん『生協の白石さん』講談社 \1000
○内田樹『知に働けば蔵が建つ』文藝春秋 \1600
○花くまゆうさく『サイボーグサラリーマン メカ★アフロくん』幻冬舎文庫 \520
○内田樹『先生はえらい』ちくまプリマー新書 \798
○大田垣晴子『モノ語り一題二話』大和書房 \1365
○大田垣晴子『女のシゴト道』文藝春秋 \1155
○内田樹『女は何を欲望するか?』径書房 \1890

○ジャネット・ウィンター(絵も)長田弘訳『私、ジョージア』みすず書房 \1890
○船橋邦子『知っていますか?ジェンダーと人権 一問一答』解放出版社 \1050
○久田恵『ワーキングマザーと子どもたち』ちくま文庫 630
○大田垣晴子『今日のごはん』メディアファクトリー \1260
○久田恵『母のいる場所 シルバーヴィラ向山物語』文藝春秋 \1750
○久田恵『大丈夫。』主婦の友社 \1575
○久田恵『家族を卒業します。』ちくま文庫 \672
○久田恵『欲望する女たち 女性誌最前線を行く』文藝春秋 \1550
○内田樹『街場のアメリカ論』NTT出版 \1680
○谷川俊太郎(絵 和田誠)『がいこつ』教育画劇 \1365

○大田垣晴子『くいしんぼマニュアル』竹書房 \1000
○久田恵『女の悩みは男の数ほど 久田恵の人生案内』洋泉社 \1365
○久田恵『フィリッピーナを愛した男たち』文藝春秋 \1529
○久田恵『男がいてもいなくても』講談社 \1223
○大田垣晴子『こんな生活』メディアファクトリー \1050
○藤臣柊子『働くおねえさん』幻冬舎文庫 \600
○藤臣柊子『もっと働くおねえさん』幻冬舎文庫 \600
○井上理津子(写真 牧田清)『大阪 下町酒場列伝』 \861
○木村涼子編『ジェンダー・フリー・トラブル バッシング現象を検証する』白澤社 \1890
○久田恵『シクスティーズの日々 それぞれの定年後』朝日新聞社 \1260

○久田恵『愛はストレス』文藝春秋 \1529
○久田恵『ニッポン貧困最前線 ケースワーカーと呼ばれる人々』文藝春秋 \1733
○久田恵『繁栄TOKYO裏通り』文藝春秋 \1800
○西原理恵子『女の子ものがたり』小学館 \900
○関岡英之『拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる』文春新書 \714

3月に読んだ本のリスト
○斎藤美奈子『文壇アイドル論』岩波書店 \1785
○深見じゅん『ぽっかぽか 7』集英社 \610
○深見じゅん『ぽっかぽか 6』集英社 \610
○小倉千加子『シュレーディンガーの猫 パラドックスを生きる』いそっぷ社
○深見じゅん『ぽっかぽか 5』集英社 \612
○深見じゅん『ぽっかぽか 4』集英社 \612
○佐原郁代『ようこそ きこえない娘たち 監督、この映画に字幕を付けてください』明石書店 \1680
○岸本葉子、内富庸介『がんと心』晶文社 \1575
○岸本葉子『がんから始まる』晶文社 \1680
○川上弘美『此処彼処』日本経済新聞社 \1365

○橋本治『思考論理学 考えるワシ』マドラ出版 \999
○上野創『がんと向き合って』晶文社 \1470
○木村紺『神戸在住 8』講談社 \540
○浦河べてるの家『べてるの家の「当事者研究」』医学書院 \2100
○矢部智子、今井京助ほか『ブックカフェものがたり 本とコーヒーのある店づくり』幻戯書房 \1995
○深見じゅん『ぽっかぽか 3』集英社 \612
○岸本葉子『炊飯器とキーボード エッセイストの12ヶ月』講談社文庫 \560
○岸本葉子『女の分かれ目』中公文庫 \580
○岸本葉子『女の底力、捨てたもんじゃない』講談社 \1575
○岸本葉子『家にいるのが何より好き』文春文庫 \470

○岩城祐子『老人ホーム 淑女・紳士録』あすなろ社 \1680
○深見じゅん『ぽっかぽか 2』集英社 \612
○内田樹『街場の現代思想』NTT出版 \1470
○岸本葉子『本棚からボタ餅』中央公論新社 \1470
○岸本葉子『実用書の食べ方』晶文社 \1680
○徳永進『医療の現場で考えたこと』岩波書店 \2520
○岸本葉子『自分で自分を楽しませる知的な生活 女だからできる16の方法』講談社 \1325
○山田稔『八十二歳のガールフレンド』編集工房ノア \1995
○岸本葉子『パソコン学んでe患者』晶文社 \1470
○岸本葉子『家[うち]もいいけど旅も好き』講談社文庫 \520

○群ようこ『驚典 群ようこ対談集』講談社 \1365
○中村うさぎ『うさぎの行きあたりばったり人生』角川文庫 \680
○千葉敦子『ニューヨークの24時間』文春文庫 \428
○徳永進『野の道往診』NHK出版 \1365
○深見じゅん『ぽっかぽか 1』集英社 \610
○竹信悦夫『ワンコイン悦楽堂』情報センター出版局 \1890
○平安寿子『Bランクの恋人』実業之日本社 \1575
○杉浦日向子『隠居の日向ぼっこ』新潮社 \1260
○アーサー・ビナード『空からやってきた魚』草思社 \1680
○柚原君子『がん患者が共に生きるガイド』緑風出版 \2100

○徳永進『野の花診療所まえ』講談社 \1575
○赤川次郎『枯葉色のノートブック 爽香32歳』光文社文庫 \560
○平安寿子『くうねるところすむところ』文藝春秋 \1750
○徳永進『話しことばの看護論 ターミナルにいあわせて』看護の科学社 \1575
○平安寿子『もっと、わたしを』幻冬舎 \1680
○永井明『適応上手』角川ONEテーマ21 \700
○平安寿子『グッドラックららばい』講談社 \2100
○平安寿子『素晴らしい一日』文藝春秋 \1400
○平安寿子『明日、月の上で』徳間書店 \1890
○平安寿子『なんにもうまくいかないわ』徳間書店 \1575

○平安寿子『パートタイム・パートナー』光文社 \1785
○中島隆信『障害者の経済学』東洋経済新報社 \1575
○群ようこ『ひとりの女』朝日文庫 \504
○谷川俊太郎、浜田晋、徳永進『医療と言葉』ゆみる出版 \1427
○山田稔『北園町九十三番地 天野忠さんのこと』編集工房ノア \1995

4月に読んだ本のリスト
○堀江敏幸『雪沼とその周辺』新潮社 \1470
○岡崎京子『危険な二人』角川書店 \1029
○狩野知代、藤原ゆきえ、柚木恵『休みの日には、コーヒーを淹れよう。』書肆侃侃房 \1500
○西原理恵子『営業ものがたり』小学館 \880
○平安寿子、宇佐美游、春口裕子、三浦しをん、内藤みか、真野朋子、森福都、松本侑子『結婚貧乏』幻冬舎 \1470
○深見じゅん『ぽっかぽか 8』集英社 \610
○谷川俊太郎、浜田晋、徳永進『医療と言葉』ゆみる出版 \1427
○山本シュウ『レモンさんのPTA爆談』小学館 \1470
○鶴見俊輔『テレビのある風景』マドラ出版 \1365
○内田樹『死と身体 コミュニケーションの磁場』医学書院 \2100

○酒井順子『先達の御意見』文藝春秋 \1300
○小林信彦『唐獅子株式会社』文藝春秋 \924
○平安寿子『恋はさじ加減』新潮社 \1365
○宮子あずさ『気持ちのいい看護』医学書院 \2100
○平安寿子『センチメンタル・サバイバル』マガジンハウス \1470
○小林信彦『怪人オヨヨ大統領』ちくま文庫 \469
○内田樹、釈徹宗『インターネット持仏堂1 いきなりはじめる浄土真宗』本願寺出版社 \777
○アン・タイラー『もしかして聖人』文藝春秋 \2345
○寺本松野『看護のなかの死』日本看護協会出版会 \1890
○平安寿子『センチメンタル・サバイバル』

○平安寿子『愛の保存法』
○千葉敦子(千葉冨貴子編)『母への手紙』意識教育研究所 \714
○平安寿子『Bランクの恋人』
○平安寿子『恋はさじ加減』
○柳田邦男×山崎章郎、道浦母都子×徳永進、高史明×細谷亮太『いのちの言葉 対談集』三輪書店 \1365
○小林信彦『オヨヨ島の冒険』晶文社 \1029
○小林信彦『オヨヨ城の秘密』晶文社 \893
○千野香織、西和夫『フィクションとしての絵画 美術史の眼 建築史の眼』ぺりかん社 \2650
○河辺貴子、山崎章郎『河辺家のホスピス絵日記 愛する命を送るとき』東京書籍 \1500
○三浦しをん『乙女なげやり』太田出版 \1470

○緒方英秋『私、わたし ろう者で性同一性障害27歳の心の葛藤』講談社 \1575
○よしながふみ『愛すべき娘たち』白泉社 \580
○軽部潤子『君の手がささやいている 1』講談社 \683
○軽部潤子『君の手がささやいている 2』講談社 \683
○内田樹、平川克美『東京ファイティングキッズ』柏書房 \1680
○内田樹『態度が悪くてすみません 内なる「他者」との出会い』角川Oneテーマ21 \760

5月に読んだ本のリスト
○岡野宏文、豊崎由美『百年の誤読』ぴあ
○ロバート・C・オブライエン(越智道雄訳)『フリスビーおばさんとニムの家ねずみ』冨山房
○佐野洋子『おぼえていろよおおきな木』講談社
○徳永進『老いるもよし 臨床のなかの出会い』岩波書店
○千野香織、西和夫『フィクションとしての絵画 美術史の眼 建築史の眼』ぺりかん社
○島田玲子『伴走の記 母をおくるその日まで』晶文社
○千野香織『10-13世紀の美術 王朝美の世界』岩波書店(岩波 日本美術の流れ3)
○徳永進『老いと死がやってくる』雲母書房
○絲山秋子『逃亡くそたわけ』中央公論新社
○徳永進『やさしさ病棟』新潮社

○徳永進、鳥取赤十字病院ターミナルケア研究会『患者さんが教えてくれたターミナルケア』看護の科学社
○吉田秋生『ラヴァーズ・キス』小学館文庫
○大沢真知子『ワークライフバランス社会へ 個人が主役の働き方』岩波書店
○柳原清子『あなたの知らない「家族」 遺された者の口からこぼれ落ちる13の物語』医学書院
○松村栄子『雨にもまけず粗茶一服』マガジンハウス
○松村栄子『僕はかぐや姫』福武書店
○森村泰昌『美術の解剖学講義』ちくま学芸文庫
○徳村彰、徳村杜紀子(文)、しまむらとみこ(絵)『使ってあそぶ ひまわり文庫の伝承手づくり遊び 1 』草土文化
○斉藤道雄『もうひとつの手話 ろう者の豊かな世界』晶文社
○メーガン・マクドナルド(作)、ピーター・レイノルズ(絵)『ジュディ・モード、地球をすくう!』小峰書店

○ジェイムズ P.スミス(小玉香津子、尾田葉子訳)『ヴァージニア・ヘンダーソン 90年のあゆみ』日本看護協会出版会
○三浦しをん『しをんのしおり』新潮社
○小林カツ代、秋山千代『カツ代が聞く、九十一歳現役台所』筑摩書房
○パオロ・マッツァリーノ『反社会学講座』イーストプレス
○瀬尾まいこ『優しい音楽』双葉社
○保坂和志『小説の自由』新潮社
○秋山祐徳太子『泡沫桀人列伝 知られざる超前衛』二玄社
○斉須政雄『調理場という戦場 「コート・ドール」斉須政雄の仕事論』朝日出版社
○田辺聖子『春情蛸の足 田辺聖子ロマンス館〈2〉』ちくま文庫

6月に読んだ本のリスト
○森村泰昌『時を駆ける美術 芸術家Mの空想ギャラリー』知恵の森文庫(光文社) \680
○ヨシタケシンスケ『じゃあ君が好き』主婦と生活社 \840
○吉野朔実『お母さんは「赤毛のアン」が大好き』角川文庫 \540
○松岡享子『たのしいお話5 よい語り』東京子ども図書館 \561
○劇団ひとり『陰日向に咲く』幻冬舎 \1470
○糸井重里『さらに経験を盗め』中央公論新社 \1680
○ヨシタケシンスケ『しかもフタが無い』パルコ出版 \1260
○西本俊三『伊勢型紙を生きる 手技の魂にふれて』日本繊維新聞社 \2000
○吉野朔実『お父さんは時代小説[チャンバラ]が大好き』角川文庫 \520
○徳村彰、徳村杜紀子『モリに生きる』雲母書房(※モリは「木水土」を森型に配した合成字)\1680

○瀬尾まいこ『幸福な食卓』講談社 \1470
○吉岡幸雄『型紙型染 吉岡コレクション』紫紅社 \6300
○吉野朔実『ぼくだけが知っている 2』小学館文庫 \600
○松岡享子『たのしいお話 お話とは』東京子ども図書館 \368
○吉野朔実『眠れない夜には星を数えて』大和書房 \1365
○武井麻子『感情と看護 人とのかかわりを職業とすることの意味』医学書院 \2520
○吉野朔実『犬は本よりも電信柱が好き』本の雑誌社 \1365
○吉野朔実『弟の家には本棚がない』本の雑誌社 \1365
○吉野朔実『プレゼントをあげる』大和書房 \1365
○吉野朔実『こんな映画が、』パルコ出版 \1365

○吉野朔実『いたいけな瞳 1』集英社 \591
○岡田康子編著『上司と部下の深いみぞ パワー・ハラスメント完全理解』紀伊国屋書店 \1365
○田辺聖子『蝶花嬉遊図 田辺聖子ロマンス館1』ちくま文庫 \609
○斎藤美奈子『冠婚葬祭のひみつ』岩波新書 \777
○山尾美香『きょうも料理 お料理番組と主婦 葛藤の歴史』原書房 \1890
○古庄弘枝『独身婦人連盟 どくふれん 元祖「シングル」を生きた女たち』ジュリアン \1575
○角田光代『みどりの月』集英社文庫 \540
○姫野カオルコ『ハルカ・エイティ So happy life in case of Haruka』文藝春秋 \1995
○田辺聖子『夢の櫂こぎどんぶらこ』集英社 \1260
○藤原和博『サクラ、サク』幻冬舎 \1260

○横森理香『母を送る、母に贈る』集英社be文庫 630
○野中柊『ダリア』理論社 \1575
○角田光代『これからはあるくのだ』文春文庫 \530
○田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』角川文庫 \500
○田辺聖子『宮本武蔵をくどく法』講談社文庫 \441
○岩村暢子『変わる家族 変わる食卓 真実に破壊されるマーケティング常識』勁草書房 \1890
○単身けん編、金谷千都子監修『第一回シンポジウム記録 ひとりで生きるために単身者の生活権を検証する』単身けん \1030
○坪内祐三『古本的』毎日新聞社 \1785
○酒井順子『その人、独身?』講談社 \1575
○ハンス・フィッシャー作・絵(石井桃子訳)『こねこのぴっち』岩波書店 \735

○キャサリン・ストー作(掛川恭子訳)、M=アン・ワッツ絵『ポリーとはらぺこオオカミ』岩波書店 \1050
○ウルフ・スタルク作(菱木晃子訳)、はたこうしろう絵『うそつきの天才』小峰書店 \1260
○青木冨貴子『731』新潮社 \1785
○キャサリン・ストー作(掛川恭子訳)『まだまだはらぺこオオカミ』岩波書店 \1470
○スーザン・バーレイ(小川仁央訳)『わすれられないおくりもの』評論社 \1050
○徳永進(詩、谷川俊太郎)『死ぬのは、こわい?』理論社(よりみちパン!セ)\1050
○田中共子『図書館へ行こう』岩波ジュニア新書 \777
○ヴィクトール・E・フランクル(池田香代子訳)『夜と霧 新版』みすず書房 \1575

7月に読んだ本のリスト
○田辺聖子『嫌妻権 田辺聖子ロマンス館3』ちくま文庫 \672
○キャサリン・ストー(掛川恭子訳)『はらぺこオオカミがんばる』岩波書店 \1470
○松田博公『鍼灸の挑戦 自然治癒力を生かす』岩波新書 \735
○夏樹静子『椅子がこわい 私の腰痛放浪記』文藝春秋 \1300
○キャサリン・ストー(猪熊葉子訳)『マリアンヌの夢』岩波少年文庫 \756
○竹村文近『はり100本 鍼灸で蘇る身体』新潮新書 \714
○キャサリン・ストーア(山本まつよ訳)、阪西明子絵『ルーシーのぼうけん』子ども文庫の会 \1050
○豊中市立第一中学校郷土研究クラブ編(大阪教育大学附属池田中学校歴史クラブ協力)『私たちの郷土研究「豊中」第2号 豊中空襲』
○キャサリン・ストーア(山本まつよ訳)、阪西明子絵『ルーシーの家出』子ども文庫の会 \1029
○キャサリン・ストー(佐藤凉子訳)、若菜珪絵『かしこいポリーとまぬけなおおかみ』金の星社 \1155

○長谷川集平作・絵『パイルドライバー』ブッキング \1680
○キティ・クローザー作・絵(平岡敦訳)『ナイナイとしあわせの庭』徳間書店 \1680
○ただのゆみこ作・絵『のんちゃん』小峰書店 \1325
○宮川ひろ(伊勢英子絵)『おとうさんのつうしんぼ』偕成社文庫 \630
○伏見憲明『さびしさの授業』理論社(よりみちパン!セ)\1050
○岩村暢子『〈現代家族〉の誕生 幻想系家族論の死』勁草書房 \1890
○サリー・ワーナー(金原瑞人、鈴木亜希子訳)『わたしが私になる方法』角川書店 \1050
○アーマ・E.ウェーバー(藤枝澪子訳)『じめんのうえとじめんのした』福音館 \945
○落合恵子『絵本屋の日曜日』岩波書店 \1890
○瀬尾まいこ『強運の持ち主』文藝春秋 \1300

○小川洋子『ミーナの行進』中央公論新社 \1680
○山本慎一『国境なき鍼灸師をめざして メキシコ・グアテマラを行く』青木書店 \1470
○栗田有起『お縫い子テルミー』集英社 \1470
○キティ・クローザー(平岡敦訳)『こわがりのかえるぼうや』徳間書店 \1680
○夏井睦『さらば消毒とガーゼ―「うるおい治療」が傷を治す』春秋社 \1575
○栗田有起『オテル モル』集英社 \1575
○宮川ひろ『母からゆずられた前かけ』文渓堂 \1529
○栗田有起『ハミザベス』集英社文庫 \480
○碧海ゆき、小林カツ代、高見澤たか子『こんなモノがほしかった!』大和書房 \1040
○栗田有起『マルコの夢』集英社 \1365

○内田樹、内田樹、小田嶋隆、平川克美、町山智浩『9条どうでしょう』毎日新聞社 \1260
○バルバラ・ベルクハン(瀬野文教訳)『いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術』草思社 \1365
○枝元なほみ『枝元なほみの料理がピッとうまくなる』筑摩書房 \1365
○ドーンセンター編著『先輩に聞く、女性と就職 仕事論』アルゴ \1365
○群ようこ『かもめ食堂』幻冬舎 \1300
○大阪府立豊中高女学徒動員記録の会編『ほむら野に立つ 大阪府立豊中高女学徒動員記』(初版昭和50年8月15日、再版昭和55年9月25日)
○大阪府立豊中高女学徒動員記録の会編『ほむら野に立つ 大阪府立豊中高女学徒動員記』(「戦争と平和」市民の記録5)日本図書センター \2625
○後藤繁榮『「きょうの料理」のヒミツ』平凡社 \1470
○エクナット・イーシュワラン(スタイナー紀美子訳)『スローライフでいこう ゆったり暮らす8つの方法』ハヤカワ文庫 \693
○春日キスヨ『介護とジェンダー 男が看とる 女が看とる』家族社 \1800

○群ようこ『かもめ食堂』幻冬舎
○こうの史代『夕凪の街 桜の国』双葉社 \840
○近藤ようこ『見晴らしガ丘にて』ちくま文庫 \630
○こうの史代『夕凪の街 桜の国』双葉社
○長谷川淳史『腰痛は〈怒り}である 痛みと心の不思議な関係』春秋社 \1890
○枝元なほみ『おりおりのおりょうり おいしい毎日と愉快なお話し』集英社be文庫 \750

8月に読んだ本のリスト
○橋本治、悳俊彦、林美一『幕末の修羅絵師 国芳』新潮社(とんぼの本) \1631
○平和・国際研究会編『広島修学旅行ハンドブック 学び・調べ・考えよう』平和文化(1999年第1版、2001年第2版、2002年第3版) \630
○原爆遺跡保存運動懇談会編『ガイドブック ヒロシマ 被爆の跡を歩く』新日本出版社(1996年初版) \1325
○長田新編『原爆の子 広島の少年少女のうったえ(上)』岩波文庫 \735
○こうの史代『夕凪の街 桜の国』双葉社
○阿部なを『小鉢の心意気』筑摩書房 \1470
○米川明彦『手話ということば もう一つの日本の言語』PHP新書 \693
○市川ジュン『陽の末裔 1』集英社 \610
○長田新編『原爆の子 広島の少年少女のうったえ(下)』岩波文庫 \693
○こうの史代『長い道』双葉社 \900

○中国新聞「毒ガスの島」取材班編『毒ガスの島 大久野島 悪夢の傷跡』中国新聞社 \1325
○安部司『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』東洋経済新報社 \1470
○浦沢直樹×手塚治虫『PLUTO プルートウ 1』小学館 \550
○浦沢直樹×手塚治虫『PLUTO プルートウ 2』小学館 \550
○甲野善紀×内田樹『身体を通して時代を読む 武術的立場』バジリコ \1575
○峠三吉(中野重治・鶴見俊輔解説)『新編 原爆詩集』青木書店 \1050
○市川ジュン『陽の末裔 2』集英社 \610
○市川ジュン『陽の末裔 3』集英社 \610
○市川ジュン『陽の末裔 4』集英社 \610
○市川ジュン『陽の末裔 5』集英社 \610

○田辺聖子『ひよこのひとりごと 残るたのしみ』中央公論新社 \1470
○金子雅臣『壊れる男たち セクハラはなぜ繰り返されるのか』岩波新書 \777
○辛淑玉、佐高信『ケンカの作法 批判しなければ日本は滅ぶ』角川oneテーマ21 \720
○市川ジュン『新編 懐古的洋食事情 1』集英社 \680
○市川ジュン『新編 懐古的洋食事情 2』集英社 \680
○東野圭吾(作)、杉田比呂美(絵)『サンタのおばさん』文藝春秋 \1400
○安藤香織ほか『ワーキングママの本音』ナカニシヤ出版 \2520
○吉田秋生『ラヴァーズ・キス』小学館文庫 \630
○上原幸三郎『煌めく刻 映画『アダン』奄美大島ロケーション回想記』DHC \2100
○市川ジュン『新編 懐古的洋食事情 3』集英社 \680

○河合蘭『未妊 「産む」と決められない』生活人新書(日本放送出版協会)\735
○瀬尾まいこ『卵の緒』マガジンハウス \1470
○田辺聖子『田辺聖子全集 21 おかあさん疲れたよ』集英社 \4515
○泉健夫『信貴山縁起絵巻 躍動する絵に舌を巻く』小学館 \1995
○竹内佐千子『ハニー&ハニー 女の子どうしのラブ・カップル』メディアファクトリー \998
○奥田英朗『ガール』講談社 \1470
○赤瀬川原平『ふしぎなお金』毎日新聞社 \1260
○赤瀬川原平『自分の謎』毎日新聞社 \1260
○瀬尾まいこ『天国はまだ遠く』新潮社 \1365
○瀬尾まいこ『図書館の神様』マガジンハウス \1260

○瀬尾まいこ『幸福な食卓』講談社 \1470
○中沢啓治『はだしのゲン 1』中公文庫コミック版 \740
○斉藤道雄『原爆神話の五〇年 すれ違う日本とアメリカ』中公新書 \740
○広島市・長崎市原爆災害誌編集委員会『原爆災害 ヒロシマ・ナガサキ』岩波現代文庫 \945
○丸木位里・丸木俊『ピカドン』(復刻新版)東邦出版 \850
○丸木俊『ひろしまのピカ』小峰書店 \1575
○中沢啓治『はだしのゲン 2』中公文庫コミック版 \740
○中沢啓治『はだしのゲン 3』中公文庫コミック版 \740
○中沢啓治『はだしのゲン 4』中公文庫コミック版 \740
○中沢啓治『はだしのゲン 5』中公文庫コミック版 \740

○中沢啓治『はだしのゲン 6』中公文庫コミック版 \740
○中沢啓治『はだしのゲン 7』中公文庫コミック版 \740

9月に読んだ本のリスト
○山崎正勝、日野川静枝『原爆はこうして開発された』青木書店 \2625
○ももせいづみ『ネオ家事入門 これが生活の新常識70』PHP文庫 \600
○森南海子『千人針は語る』海竜社 \1470
○大野允子『朝の別れを ヒロシマ、母と子の物語』ポプラ社 \1365
○北原梨央『二人目 産みません 産めません 女が子どもを産まない本当の理由』新風社 \1470
○秋山なみ、亀井伸孝『手話でいこう ろう者の言い分 聴者のホンネ』ミネルヴァ書房 \1575
○柴田元幸『生半可な學者』白水μブックス \914
○朝日新聞「食」取材班『あした何を食べますか? 検証・満腹ニッポン』朝日新聞社 \1260
○岩村暢子『〈現代家族〉の誕生 幻想系家族論の死』勁草書房 \1890
○瀬尾まいこ『優しい音楽』双葉社 \1260

○マルジャン・サトラピ『刺繍 イラン女性が語る恋愛と結婚』明石書店 \2415
○四宮鉄男『とても普通の人たち[ベリーオーディナリーピープル] 北海道浦河べてるの家から』北海道新聞社 \1890
○小澤勲『認知症とは何か』岩波新書 \735
○小澤勲、黒川由紀子編著『認知症と診断されたあなたへ』医学書院 \1680
○松山猛『少年Mのイムジン河』木楽舎 \1000
○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 1』秋田書店 \798
○竹内正浩『軍事遺産を歩く』ちくま文庫 \882
○松山猛『もう話してもいいかな』小学館 \1890
○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 2』秋田書店 \798
○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 3』秋田書店 \798

○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 4』秋田書店 \798
○井上光晴『明日 一九四五年八月八日・長崎』集英社 \1260
○華恵『本を読むわたし My Book Report』筑摩書房 \1050
○川上弘美『古道具 中野商店』新潮社 \1470
○魚住直子『超・ハーモニー』講談社文庫 \440
○生活環境教育研究会『おもしろふしぎ食べもの加工』農文協 \1470
○村山由佳『星々の舟』文藝春秋 \1680
○林美恵子『アマゾン不良少女日記 haveよりbeで生きて』双葉社 \1365
○柳原和子『百万回の永訣 がん再発日記』中央公論新社 \1995
○魚住直子『非・バランス』講談社 \1529

○魚住直子『リ・セット』講談社 \1260
○谷嘉代子編『女ひとり生きここに平和を希う 昭和戦争独身女性の証言』一休社 \1680
○魚住直子(さく)、横川ジョアンナ(え)『バスとロケット』佼成出版社 \1155
○中西豊子『女の本屋の物語 ウィメンズブックストアものがたり』ウィメンズブックストアゆう(発行)、ドメス出版(発売) \1680
○倉田ちかこ(著)、越智充奈子(まんが)『涼太郎、またやっちゃった!? 母と子のドタバタ自閉症ライフ』広済堂出版 \1260
○富本一枝(編)、藤城清治(絵)『お母さんが読んで聞かせるお話 A』暮しの手帖社 \1100
○清水眞砂子『幸福に驚く力』かもがわ出版 \1785
○山本おさむ『わが指のオーケストラ 1』秋田書店 \770
○山本おさむ『わが指のオーケストラ 2』秋田書店 \770
○赤瀬川原平『四角形の歴史』毎日新聞社 \1260

○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 4』秋田書店 \798
○hanae*『小学生日記』角川文庫 \460
○平安寿子『あなたにもできる悪いこと』講談社 \1575
○山下悦子『女を幸せにしない「男女共同参画社会」』洋泉社新書y \819
○井上太郎『大原總一郎 へこたれない理想主義者』中公文庫 \900
○山本おさむ『わが指のオーケストラ 3』秋田書店 \770
○山本おさむ『わが指のオーケストラ 4』秋田書店 \770

10月に読んだ本のリスト
○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 5』秋田書店 \798
○石原吉郎『望郷と海』ちくま学芸文庫 \1155
○佐藤幹夫『自閉症裁判 レッサーパンダ帽男の「罪と罰」』洋泉社 \2310
○横山秀夫『クライマーズ・ハイ』文藝春秋 \1650
○斎藤環、酒井順子『性愛格差論 萌えとモテの間で』中公新書ラクレ \735
○藤山直美『わたし、へんでしょ?』バウハウス \1470
○清水真砂子『もうひとつの幸福 挫折と成長』岩波書店 \2243
○大久保 幸夫、大宮冬洋、畑谷圭子『30代未婚男』生活人新書 \777
○清水真砂子『子どもの本の現在』岩波同時代ライブラリー \1260
○田辺聖子『ああカモカのおっちゃん』文春文庫 \315

○夏樹静子『心療内科を訪ねて 心が痛み、心が治す』新潮文庫 \420
○清水真砂子『学生が輝くとき 何か、こわい、この時代に』岩波書店 \2205
○清水真砂子『幸福の書き方』JICC出版局 \1223
○赤川次郎『教室の正義 闇からの声』角川書店 \840
○田辺聖子『おせいカモカの対談集』海竜社 \1029
○小澤勲『ケアってなんだろう』医学書院 \2205
○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 6』秋田書店 \798
○全国ろう児をもつ親の会『ようこそ、ろうの赤ちゃん』三省堂 \1470
○佐々木志穂美『さんさんさん 幸せは、いろんなかたちでそこにある』新風舎 \1365
○埼玉大学共生社会研究センター編『歩く学問ナマコの思想』コモンズ \1470

○佐藤幹夫『ハンディキャップ論』洋泉社新書y \756
○田辺聖子『カモカのおっちゃん興味しんしん I』文藝春秋 \893
○小澤勲、土本亜理子『物語としての痴呆ケア』三輪書店 \1890
○米内山明宏『プライド ろう者俳優米内山明宏の世界』法研 \1680
○田辺聖子『女の長風呂 II』文春文庫 \420
○小川洋子『深き心の底より』海竜社 \1575
○R.サトクリフ(猪熊葉子訳)『思い出の青い丘』岩波書店 \1995
○田辺聖子『カモカのおっちゃん興味しんしん II』文藝春秋 \893
○マルジャン・サトラピ(園田恵子訳)『ペルセポリスI イランの少女マルジ』バジリコ \1470
○益田ミリ『すーちゃん』幻冬舎 \1260

○マルジャン・サトラピ(園田恵子訳)『ペルセポリスII マルジ、故郷に帰る』バジリコ \1575
○小泉武夫『不味い!』新潮社 \1365
○リディア・バーディック(作)、ジェイン・フリーマン絵)、みらいなな(訳)、小澤勲(監修)『わたし 大好き』童話屋 \1890
○奥野修司『皇太子誕生』文藝春秋 \1700
○益田ミリ『女湯のできごと』知恵の森文庫 \560
○江國香織『間宮兄弟』小学館 \1365

11月に読んだ本のリスト
○川上弘美『ざらざら』マガジンハウス \1365
○香坂直『走れ、セナ!』講談社 \1365
○桑田乃梨子『一陽来福 1+1=0』白泉社 \680
○田辺聖子『私の大阪八景』岩波現代文庫 \945
○村瀬学『自閉症 これまでの見解に異議あり!』ちくま新書 \756
○奥野修司『皇太子誕生』文藝春秋
○奥野修司『ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年』新潮社 \1529
○桑田乃梨子『犬神くんと森島さん』白泉社 \730
○桑田乃梨子『おそろしくて言えない 1』白泉社 \630
○小澤勲『痴呆を生きるということ』岩波新書 \777

○村中李衣『絵本を読みあうということ「読書療法」の向こう側とこちら側』ぶどう社 \1575
○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 7』秋田書店 \798
○いしいひさいち『武士道残飯物語』双葉文庫 \600
○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 8』秋田書店 \798
○きくちさかえ、鈴木 賀世子著/早乙女智子医学監修『卵子story 女性のからだと卵子のひみつ』小学館 \1050
○工藤直子『象のブランコ とうちゃんと』集英社文庫 \650
○江弘毅『「街的」ということ お好み焼き屋は街の学校だ』講談社現代新書 \756
○日本経済新聞社編『会社とは何か』日本経済新聞社 \1680
○魚住直子(作)、渡辺あきお(絵)『ハッピーファミリー』学習研究社 \1260
○魚住直子(作)、伊藤英一(絵)『海そうシャンプー』学習研究社 \1260

○香坂直『トモ、ぼくは元気です』講談社 \1365
○田辺聖子『女の気まま運転 カモカ・シリーズII』文春文庫 \368
○角田光代『夜をゆく飛行機』中央公論新社 \1575
○鶴見良行『対話集 歩きながら考える』太田出版(ナマコ・コレクション1)\2940
○倉本智明『だれか、ふつうを教えてくれ!』理論社(よりみちパン!セ)\1260
○岩井克人、奥村宏、木村政雄、小林慶一郎、紺野登、成毛真、平川克美、ビル・トッテン『会社は株主のものではない』洋泉社 \1000
○埼玉大学共生社会研究センター編、鶴見俊輔、池澤夏樹、内海愛子、熊岡路矢、中村尚司、宮内泰介、村井吉敬、吉岡忍『歩く学問ナマコの思想』コモンズ \1470

12月に読んだ本のリスト
○遠藤寛子『算法少女』ちくま学芸文庫 \945
○田中ひかる『月経をアンネと呼んだ頃 生理用ナプキンはこうして生まれた』ユック舎 \1680
○内田樹『街場の現代思想』NTT出版 \1470
○角田光代『酔って言いたい夜もある』太田出版 \1554
○高木隆郎・ローナ・ウイング編『児童精神医学への挑戦 自閉症を考える』岩崎学術出版社 \4200
○今野稔久『コドモの居場所』コモンズ \1470
○山下惣一『安ければ、それでいいのか!?』コモンズ \1575
○香坂直『トモ、ぼくは元気です』講談社 \1365
○安野光雅、藤原正彦『世にも美しい日本語入門』ちくまプリマー新書 \735
○中沢新一『僕の叔父さん 網野善彦』集英社新書 \693

○鶴見俊輔、齋藤慎爾編『サザエさんの〈昭和〉』柏書房 \1680
○角田光代『ドラママチ』文藝春秋 \1350
○石田千『踏切趣味』筑摩書房 \1575
○香坂直『走れ、セナ!』講談社 \1365
○長谷川町子『カラー版 よりぬきサザエさん』朝日文庫 \612
○中沢新一、赤坂憲雄『網野善彦を継ぐ。』講談社 \1260
○中川六平『「歩く学問」の達人』晶文社 \1995
○埼玉大学共生社会研究センター編『歩く学問ナマコの思想』コモンズ \1470
○清水眞砂子『そして、ねずみ女房は星を見た』テン・ブックス \1995
○川上弘美『あるようなないような』中公文庫 \620

○ジャネット・ウィンター(長田弘訳)『バスラの図書館員 イラクで本当にあった話』晶文社 \1680
○江弘毅『岸和田だんじり祭 だんじり若頭日記』晶文社 \1680
○田辺聖子『欲しがりません勝つまでは 私の終戦まで』新潮文庫 \336
○石田千『月と菓子パン』晶文社 \1680
○魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』宝島社 \890
○山本ふみこ『台所あいうえお』バジリコ \1470
○高岡健、岡村達也(編)『自閉症スペクトラム 浅草事件の検証-自閉症と裁判-』批評社 \2100
○大田垣晴子『小さなモンダイ』NHK出版 \945
○松原惇子『年収200万円時代 賢い女の「満足生活」』三笠書房 \1365
○太田光、中沢新一『憲法九条を世界遺産に』集英社新書 \693

○大田垣晴子『物見遊湯 ものみゆうゆ』新潮社 \1260
○アーシュラ・K.ル=グウィン(青木由紀子訳)『ファンタジーと言葉』岩波書店 \2520
○生田紗代『オアシス』河出文庫 \525
○梨屋アリエ(作)、菅野由貴子(絵)『ツー・ステップス!』岩崎書店 \1260
○田辺聖子『感傷旅行 センチメンタル・ジャーニィ』角川文庫 \567
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/120-06689336
感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味
2009.07.01 12:50
気持ちのいい看護
2009.06.30 12:56
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ