FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

このようなやり方で300年の人生を生きていく(小川てつオ)

小川てつオさんの名を知ったのは、『We』160号のいちむらみさこさんのインタビューだったかな。都内の公園でテントで暮らし、「エノアール」(「絵のある」ということなのだろうが、このネーミングセンスに「メネデール」を思い浮かべる)というカフェをやってる人。その小川さんの兄がくびくびのお一人・小川さんだというのも、どっかで読んだ気がする。

こないだ「すわりこみ映画祭」へ行ったときにもらったチラシの一つがキョートット出版のもので、ここに兄・小川さんが関わっていることを知る。いちむらさんの『Dearキクチさん、―ブルーテント村とチョコレート』を出しているところでもあるのだった。

チラシを見たら、読んでみたくなり、図書館にリクエストして借りてきた。本はヨソの図書館からの相貸でやってきた。

このようなやり方で300年の人生を生きていく―あたいのルンルン沖縄一人旅このようなやり方で
300年の人生を
生きていく

(2005/08/15)
小川 てつオ

商品詳細を見る
目次をめくった最初の見開きページが手書き(を印刷したもの)。え、全部手書きの本か?と思ったら、その次のページからはほぼワープロ打ちで、ところどころに手書きの文があり、たくさんの絵がはさまる。

1989年(というのは平成でいうと1年)の暮れからの、3カ月にわたる沖縄ルンルン一人旅"日記"である。旅立ちの前に、沖縄で似顔絵描きをやるために、看板を用意したり(写実コース500円、ファッショナブルコース800円、アバンギャルドコース1000円)、表「営業中」、裏「準備中」の札を調達したりで時間をくい、乗るつもりの船に間に合うんかいなという時間に家を出て、案の定、船出の10分前に最寄り駅につき、そこからタクシーでめちゃくちゃぶっ飛ばして、もうタラップがあがろうとしている船にすべりこみで乗れたそうである。

さいごのほうまで読んで、この沖縄の旅は「持参した金に手をつけないで、金儲けをしてやっていく」と方針であったらしいとわかる。

日によっては「こんなに儲かるのか」と思う似顔絵描きも、時と場合によっては全然客が寄ってこず、あるいは客がついても、できた似顔絵をみて文句を言われたりしている。金儲けに似顔絵を描くほかに、てつオさんは、ほうぼうでスケッチをしていて、それを見ると、「写実」も「ファッショナブル」も「アバンギャルド」もいけそうなことがわかるが、この本にはいっている「似顔絵」(を思い出して描いた絵)は、ほとんどがアバンギャルドのように思われる。似顔絵の"似てる"というのを、写真にとったような方向から考える人にとっては、どこが似とんじゃあ!と思うかもしれない。

沖縄を移動しながら(本島と宮古と八重山をまわっているらしいが、沖縄未踏の私にはどこがどうなのかあまりわからず)、スケッチしたり、似顔絵描きをやったり。あちこちで、てつオさんはご飯を食べさせてもらっている。メシを食ったばかりのところへ、「ご飯を食べていけ」とじいさんやばあさんにいわれて、しにそうになりながら食べていたりもする。

雨がふっている。
このような旅行をしていると、考え方が非常に単純になり、心の動きも、天気が大半を支配するようになる。
少しの晴れ間を利用してテントを干す。
 (p.61)

これは宮古での1月22日の日記。

八重山では、真っ赤なトレーナーを着たおっさんから
「今世紀最大の芸術家高木章至のドロドロ展」
というチラシを手渡され、てつオさんは絶対行こうと思う。

その高木さんの作品は、とにかく真っ赤っからしい。てつオさんはポスター貼りを手伝い、設営を手伝い、ドロドロ展がオープンしてからは、「ドロドロ展」のサンドイッチマン兼チラシ配り兼「ドロドロ」と叫ぶ人をやったそうだ。ドロドロ展には、中上健次が見にきていたと。

そして、巻末には、10年後、2001年の2月から4月まで2カ月にわたる「10年目の沖縄」旅行のことが数ページ書かれ、ドロドロこと高木さんが亡くなったことが書いてある。亡くなる寸前の日記を見せてもらったそうだ。そのメッセージはすごい。


てつオさんはあとがきにこう書いている。
▼この沖縄旅行を通じてぼくは、社会の肌合いの多様さを感じていた。人の顔が見えてきたのだ。ああ、全く似顔絵とは、人の顔を見るということだ。ぼくが無意識に選んだ「似顔絵」とは、ぼくの「社会」への踏み出し方だった。社会とは、人が作っているのだから、隙間やデコボコが常にあるし、一つの社会ではなく無数の社会がある。(p.132)

ほとんど同い年のてつオさんの旅日記を読みながら、(私はこの頃、何してたっけなー)と考えたりした。
 
Comment
 
 
追記:

「メネデール」は、高校の生物の授業のときの雑談でたしか聞きおぼえ、それからときどき新聞の広告(記事の文章の間に入る小さい広告)で見かけては思い出す。

メネデール = 芽 根 出る

というネーミング。

http://www.menedael.co.jp/
メネデール  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1187-5cab8e8c
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ