FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

幸せになっちゃ、おしまい(平安寿子)

タイラアスコのこの本が出たのは年明けにチェックしていたが、だいぶリクエストがついていたので、ほとんど忘れていて(図書館の予約リストには10冊しかキープできないので、待ちが1桁というより2~3人になるまでは予約しない習慣)、こないだ『さよならの扉』といっしょに、そろそろいけそうと予約していた。

幸せになっちゃ、おしまい幸せになっちゃ、おしまい
(2009/01/22)
平 安寿子

商品詳細を見る

小説やったっけと勘違いしていたら、これは雑誌『Hanako』に連載されたエッセイであった。堂々たる「おばさん」タイラアスコの説教や昔ばなしや自作解説も入るというやつ。

なってみると、おばさんはいいよ。楽です。 (p.10)
あなたが今、欲しくてたまらないものは、おばさんになったら手に入ります。それまで、待たなくちゃいけません。おばさんになるまで、なにかと大変ねえ。気の毒に。でも、大丈夫。誰でもあっという間に、おばさんになれるから。 (p.12)

幸せになっちゃ、おしまいよ。
ということを、若いあなたはわからない。おばさんの私は知っている。ていうか、そう思っている。(p.15)

人生とは、気の合う人と出合うための旅でもある。そして、気の合う人はそう多くない。多くないから、いいんですよ。…
ちょっとでいいです。
気の合う人は、こんにちは。  (p.15)

私はこの一つめを読んで、うひひひひと笑ってしまった。しまいまでいくと「そうじゃない人、さよなら」なのだ。うひひひひ
はーい、アスコおばさん、こんにちは!

アスコおばさんがはまっているバレエ(踊るほう)の話がおもしろかった。ジョン・ノイマイヤーによる新解釈のバレエ、たとえば「玉の輿に乗らないシンデレラ」とか「王子さまのいない眠れる森の美女」とか。私はバレエを見たことがない。でもちょっと見てみたくなった。

アスコ節は絶好調。

どうです。面白いでしょう?
二十年、待ちなさい。

そういう押しつけがましさと説教くささもあるし、おばさんは若いあなたたちの気持ちがよーくわかるという雰囲気もむんむんするし、合わない人はさよならであろう。

しかし、おばさん・タイラアスコも昔は若かった。

そうだ。わたしも若い頃、おばさんには、わたしの気持ちはわからないと思っていた。そして、たまに意見されて「あなたもいつか、わかる日が来る」なんて言われようものなら、「ケッ、くそばばあが」と心の中で毒づいたものだった。(p.193)

おばさんに「あなたにはわからないだろうけど、わたしはわかっているのよ」と上から目線で何か言われると、我慢ならなかった。
そうだ。そうだったよね。それが若いということだった。(p.194)

「三十代怖い病」まっただ中だった時のアスコは、アルバイトで貯めた金を三カ月のパリ滞在に注ぎ込みもした。それが「パリに行けば何かがみつかると思い込んでいたところが、アホである」と言えるおばさんになった。

その若き日のアスコinパリを書いた『セ・シ・ボン』や、「三十代怖い病」の主人公を書いた『センチメンタル・サバイバル』やら『風に顔をあげて』、あるいは更年期小説『あなたがパラダイス』などをずっと読んできているせいか、私には説教おばさんアスコはなかなか面白かった。

いや、私もおばちゃんになってるからか(介護保険も払ってるしな)。

いろいろと自作解説、作品を書くまでの話もあって、"心の弟"イ・ユンギが映画化したという『素晴らしい一日』や、私がタイラアスコにはまる入口になった『グッドラックららばい』など、小説をまた読みたいな~と思ったのであった。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1117-dfd5fe47
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第70回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ